『ヒト』を最適化しよう。

映画『タイトル当てクイズ⑨』に挑戦!

あなたは映画のタイトルについてどれだけ知ってる?クイズに答えて知識強化をしよう!

 

『映画:(タイトル当て)⑨』クイズに挑戦!

庭園で男が授業をさぼって靴のデザインを考えていると、一人の女が雨宿りしに屋根の下に入ってきた。手にはビールとチョコレート。一体、どういう人なんだろう。
『永遠の門 ??の見た未来』
耳が聞こえないんです。補聴器をつけてるんです。小学生の頃はいじめられたりなんかしました。だから引っ越したりしました。 いじめっ子の彼は後になってそれを後悔したりして、私は死のうと思ったんだけど、彼がそれを止めてくれて‥ とても繊細な世界です。
目が見えないんです。踊りが好きなんです。特別な美女というわけでもないんです。でも一生懸命生きてます。それなのに‥。 我々は衝撃的なラストを目撃することになる。
青い魚がモリに突き刺される。 空は赤い。 真夏の暑苦しくも長く穿った音楽が、男たちが逃げた沖縄の空を彩っていく。 でもな、やられたならやり返すしかねえよ。それが男なんだよ。狂ってるけどな。これが俺たちの最後の夏なんだ。
おいらはチェット・ベッカー。あのマイルス・デイヴィスも一目置いた、ジャズトランぺッターよ。でもな、おらぁ依存症なのよ。自分では認めてないがな。それが依存症の特徴さね。
俺は高校生探偵。ひょんなことから黒ずくめの組織に命を狙われ、毒薬で小さな子供の体に。連中に生きてることがバレたら周りの人の命が危ない。 アガサ博士の助言もあって、俺は自分を偽って生きることにした。蘭という女性にとっさに名前を聞かれて、俺はこう答えた‥
2005年、リーマンショックは起き、世界中が混乱に陥った。800万人が失業し、600万人が家を失った。だが、あの大激震を事前に予知したいくつかの人間がいた。ある者は偶然それを知り、ある者は自分の見識だけでそれを見抜いた。
うむないっ はずごーん あんだーらーんでぃーずだーく あんざむーん いんざおーんりー らーいうぃーしー のーあいうぉーんっ びーあふれっ
1843年ドイツ。イギリスで1733年頃から起きた産業革命から100年。それはすっかりこの世界に浸透し、人々の生活はより利便性が増す一方のはずだった。 だが、この革命のせいで人々の間に大きな格差が生まれる。ブルジョワジー(資本家)とプロレタリアート(労働者)である。
野球が苦手な私が、この映画を観て面白いと思った。つまり、野球が苦手だからといってこの映画を観ないのは、もったいない。なんせ、主役であるこの彼も、監督のくせして、『試合を観ない』のだ。彼が起こした奇跡とは。
僕はね。宇宙の理論物理学を学んでるんだ。大学なんかでね。まあでも一人の男でもあるわけで。好きな人もできた。このまま順調に行く可能性ってのもあっただろうけどね。ある日僕は歩けなくなってしまった。 ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。
この映画に登場するテーマは、『生贄、ハンセン病、人為的な自然破壊』という重いものである。子供の頃は、ただこれがアニメというだけでそこに重い問題があるとは想像しなかったが、彼の盟友、高畑勲は、『こんなもの世に出すべきではない』と訴えたという。
僕は普通の人間だったんだ。好きな人とくっつければいいなとか、そんな些細なことをひっそり思うような、そういう人間だった。 でも、2013年のボストンマラソンの時にそれは起きた。人生が変わってしまったんだ。僕の体の一部が失われた。
■マリオン・コティヤール ■マット・デイモン ■ローレンス・フィッシュバーン ■ジュード・ロウ ■グウィネス・パルトロー ■ケイト・ウィンスレット
1944年、第二次世界大戦の真っ最中に、ヒトラーの味方であるはずのドイツのクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐は、なぜかヒトラーを殺そうとしていた。そう。ヒトラーは同じドイツ人にとっても脅威の対称だったのだ。
第二次世界大戦の広島と言えば、真っ先に思い浮かぶのが『原爆』である。これは、まだ原爆ドームが『広島県産業奨励館』と言われていた時代の、嵐の前の静かな広島から始まる、平和な人生を望んだ『すずさん』という天然少女の物語である。
クロムウェルが王を処刑して独裁政権を取るも、死後に王政復古したイギリスは、技術、芸術様々な面で急速に発達していた。 社会では、自由主義の風潮から性に対する考え方も大きく変わっていた。そんな中、イギリスに実在した天才詩人の彼は、梅毒に侵されてしまう。
大雨のせいでモーテルに一晩閉じ込められることになった11人の男女。しかし、なぜか彼らは何者かに襲われ、次々と殺されてしまう。一体なぜだろうか。そして誰がそんなことをしているのだろうか。そして、誰が何の病気を患っているのだろうか。この結末を読めた人間はいないはずだ。
シャイア・ラブーフが演じる青年は子を持つ父親の身だ。だが戦争に行かなければならかった。だが、どうも様子がおかしい。彼の家があるアメリカの街が荒廃しているのだ。 ふむ。これはフィクションだな。だってアメリカが荒廃したことはないんだから。 ‥いや違う。これは違うぞ。
僕はモーツァルト!ピアノの簡単な音色なんかだったら、聞いたらすぐに弾けちゃうぞ!もちろん、もっといい音楽になるようにアレンジをつけてね! はははーっ!!
一人の男が街にやってきた。どうやらその男は、何かを探しているようだ。だが、それが見つからない。そして、近隣の人々が、どうも怪しい動きを取っている。何かがおかしい。きっと、彼らが何かを知っているに違いない。だが、そこに待っているのは思いもよらない展開だった。
ある男性が歩いている。最終戦争によって国家も文明も滅びた荒廃した大地を30年も歩き続けているというのだ。 一方その頃、とあるエリアで権力を持った一人の人物が、『ある本』を探して躍起になっていた。その本を手に入れられるなら人を殺してもいい。そう考えているというのである。
20世紀を代表する億万長者として知られ、「資本主義の権化」「地球上の富の半分を持つ男」と言われた男の物語。潔癖症です。
聴覚障害を持った一人の青年が、海でサーフボードの練習をしている。すでにそこを縄張りとしていた海の遊び人たちに、その素人の実力も相まって笑われるが、次第にその根性が認められるようになる。
僕は強迫性障害であり、潔癖症の詐欺師。ニコラスケイジだべさ。冒頭では日本語も喋るぜ。『1,2、3』とかっつってな!
世界初の性別適合手術を受けた(男性から女性)を受けた人物を題材にした小説を基にして作られた映画。
ケイト・ブランシェット ルーニー・マーラ 何だかこの二人、様子がおかしい。
『FBI』を創った男の物語。
少女が行方不明になった。だが、それにはある理由があった。これは、ただの行方不明事件じゃない。行方不明になるべくして、行方不明になったのだ。この結末は本当に正しかったのかどうか、皆の頭を悩ませるだろう。 ■ケイシー・アフレック ■モーガン・フリーマン
カトリック神父という、極めて大きな影響力を持つ人間が、少年に性的虐待をしている疑いがある。周囲は権力に逆らえない。だが、一握りのジャーナリストたちが自らの命を賭けて、真実を解き明かそうと奮闘する。
『あなたは犠牲者なのだ。かつてのあなたやヨノイ大尉のように、自分は正しいと信じていた人々の。…もちろん正しい者などどこにもいない。』
パレスチナ問題は、長い長い歴史がある。古代イスラエルは、アレクサンドロスよりも前にあった世界最初の帝国アッシリアに滅ぼされるまでに存在していた。 俺たちだって本当は嫌なんだ。死にたくないんだ。 でも、死ぬしかないんだ。これで伝えるしかないんだ。
『映画:(タイトル当て)⑨』クイズに挑戦!
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}