『ヒト』を最適化しよう。

アメリカの歴史を映画で観てみよう!

 

2000本以上観てきた私が『アメリカの歴史』編をご紹介します!

 

目次

アメリカの歴史

映画市場はアメリカが最前線にあるので、アメリカを舞台にした映画を入れるときりがない。したがって、ここでは重要な時代を切り取った映画や、時代背景のしっかりした映画、あるいは伝説的な映画を紹介する。アメリカ合衆国というのは1780年にできたばかりの新しい国だ。イギリス人・フランス人が移住してきて、イギリスから独立。フランス人の多くは北へ行き、『カナダ』という国を作った。したがって、『アメリカ=英語・カナダ=フランス語と英語』という特徴がある。南北戦争に、それを治めたリンカーン。そして、それらの出来事に巻き込まれた先住民(インディアン)や、黒人たちの存在について。アメリカ史を考える時、それを避けて通ることはできない。

 

『パトリオット』

『パトリオット』(The Patriot)は、2000年製作のアメリカ映画。アメリカ独立戦争を背景とするドラマを描く。監督はローランド・エメリッヒ。主演、メル・ギブソン。

詳細・レビューを見る

 

『西部開拓史』

『西部開拓史』(原題:Homesteader Droopy、1954年7月10日)は、アメリカ合衆国の映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー (MGM) に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。

詳細・レビューを見る

 

『ジェロニモ』

『ジェロニモ』(原題:Geronimo: An American Legend)は、1993年制作のアメリカ合衆国の映画。インディアンの戦士ジェロニモを描いた歴史ドラマ映画。

詳細・レビューを見る

 

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(Dances with Wolves)は1990年のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・主演・製作はケビン・コスナー。

詳細・レビューを見る

 

『グローリー』

『グローリー』(Glory)は、1989年公開のアメリカ映画。アメリカ南北戦争において実在したアメリカ合衆国初の黒人部隊を描く戦争映画。

詳細・レビューを見る

 

『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』

『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』は、2016年制作のアメリカ合衆国の映画。南北戦争時代、エイブラハム・リンカーンの奴隷解放宣言よりも早くミシシッピ州ジョーンズ郡に白人と黒人が平等に生きる「ジョーンズ自由州」を設立した実在の白人男性ニュートン・ナイトの生涯と闘いを描く。

詳細・レビューを見る

 

リンカーン』

『リンカーン』(原題: Lincoln)は、2012年公開のアメリカ合衆国の伝記戦争ドラマ映画である。スティーヴン・スピルバーグが監督し、ダニエル・デイ=ルイスがアメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーン、サリー・フィールドがメアリー・トッド・リンカーンを演じる。

詳細・レビューを見る

 

ギャング・オブ・ニューヨーク

『ギャング・オブ・ニューヨーク』(Gangs of New York)は、2002年のアメリカ映画。ミラマックス配給。

詳細・レビューを見る

 

『ヤングガン

『ヤングガン』(Young Guns)は、実在するビリー・ザ・キッドを題材にした映画でリンカーン郡戦争の事件を中心とした物語の作品で史実と違い作品ではかなり脚色されている内容だが、時代考証などは正確に行われており、ビリー・ザ・キッドの愛銃として知られるコルトM1877が初めてビリーの銃として使用された映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ジェシー・ジェームズの暗殺

『ジェシー・ジェームズの暗殺』(原題: The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford)は、2007年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『遥かなる大地へ』

『遥かなる大地へ』(はるかなるだいちへ、Far and Away)は、1992年にユニバーサルが制作したアメリカ映画。監督はロン・ハワード。

詳細・レビューを見る

 

『アンタッチャブル』

『アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年のアメリカ合衆国の犯罪アクション映画。監督はブライアン・デ・パルマ、出演はケビン・コスナー、ロバート・デ・ニーロ、ショーン・コネリーなど。

詳細・レビューを見る

 

『パブリック・エネミーズ』

『パブリック・エネミーズ』(原題: Public Enemies)は、2009年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督はマイケル・マン、出演はジョニー・デップとクリスチャン・ベールなど。原作はブライアン・バーロウによる、実在の犯罪者ジョン・デリンジャーを主人公としたノンフィクション本である。

詳細・レビューを見る

 

『ビリー・バスゲイト』

『ビリー・バスゲイト』(Billy Bathgate)は、E・L・ドクトロウの1989年の小説、またそれを原作とする1991年のアメリカ合衆国の伝記映画。本項では主に映画化作品について扱う。実在のギャング、ダッチ・シュルツの晩年を、彼の側近となった青年ビリーの目を通して描いている

詳細・レビューを見る

 

『不屈の男 アンブロークン』

『不屈の男 アンブロークン』(ふくつのおとこ アンブロークン、原題: Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption) は、ローラ・ヒレンブランドによるルイス・ザンペリーニの伝記。

詳細・レビューを見る

 

『プライベート・ライアン』

『プライベート・ライアン』(原題:Saving Private Ryan)は、アメリカで1998年に公開された戦争映画。第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦を舞台に、1人の兵士の救出に向かう兵隊たちのストーリー。

詳細・レビューを見る

 

『パシフィック・ウォー』

『パシフィック・ウォー』(原題: USS Indianapolis: Men of Courage)は、2016年製作のアメリカ合衆国の戦争映画。太平洋戦争末期に戦争終結の極秘任務を命じられたアメリカ海軍の巡洋艦インディアナポリスとその艦長チャールズ・B・マクベイ3世の数奇な運命を描く。

詳細・レビューを見る

 

『パットン大戦車軍団』

『パットン大戦車軍団』(パットンだいせんしゃぐんだん、英語: Patton)は、第二次世界大戦中のアメリカ軍のジョージ・パットン将軍を描いた1970年公開の映画。主演はジョージ・C・スコット。

詳細・レビューを見る

 

『父親たちの星条旗』

『父親たちの星条旗』(ちちおやたちのせいじょうき、原題: Flags of Our Fathers)は、2006年公開のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

ハクソー・リッジ』

『ハクソー・リッジ』(Hacksaw Ridge)は、2016年のアメリカ合衆国の伝記映画。監督はメル・ギブソン。第二次世界大戦の沖縄戦で衛生兵(Combat Medic)として従軍したデズモンド・T・ドスの実体験を描いた戦争映画。

詳細・レビューを見る

 

L.A. ギャングストーリー

『L.A. ギャング ストーリー』(原題: Gangster Squad)は、ルーベン・フライシャー監督による犯罪映画である。脚本はウィル・ビール、出演はライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ショーン・ペン、ジョシュ・ブローリンら。1940年代から1950年代のロサンゼルスで起きた実話を基に、ロス市警とギャングの戦いを描く。

詳細・レビューを見る

 

『大統領の執事の涙

『大統領の執事の涙』ユージン・アレンの実生活に触発を受けた内容となっており、フォレスト・ウィテカー演じるアフリカ系アメリカ人のホワイトハウスバトラー(執事)のセシル・ゲインズの視点で彼の34年の任期中に起こった20世紀の事件が描かれる。

詳細・レビューを見る

 

『マジェスティック』

マジェスティック』(原題: The Majestic)は、2001年のアメリカ映画。主演はジム・キャリー。主人公ルークの生前の声は、マット・デイモンが演じている。

詳細・レビューを見る

 

『グッドナイト&グッドラック』

『グッドナイト&グッドラック』(Good Night, and Good Luck)は、2005年公開のアメリカ映画。「赤狩り」の猛威が吹き荒れる1950年代のアメリカを舞台に、実在したニュースキャスターであるエドワード・R・マローとCBSの番組スタッフが、真実の報道のために「マッカーシズム」に立ち向かう姿を描いたノンフィクションドラマ。

詳細・レビューを見る

 

バックトゥザフューチャーシリーズ』

映画界の伝説『BTTF』。あるキーワードを言うと我を見失うが普段は弱気のマーティは、天才のような変人のようなドクの車『デロリアン』で、時空を飛び越えることになった。たどり着いた場所は1955年。それは、父、ジョージと、母ロレインがまだ出会う前の時代だった。

詳細・レビューを見る

 

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(ファウンダー ハンバーガーていこくのヒミツ、The Founder)は、2016年のアメリカ合衆国の伝記映画。マクドナルド・コーポレーションの創業者レイ・クロックの半生を描く。

詳細・レビューを見る

 

『ライトスタッフ』

『ライトスタッフ』(原題:The Right Stuff)は、1983年のアメリカ映画。有人宇宙飛行計画”マーキュリー計画”に従事した、7人の宇宙飛行士の実話を基に描いた作品。フィリップ・カウフマン監督。

詳細・レビューを見る

 

『アポロ13』

『アポロ13』(アポロサーティーン、Apollo 13)は、1995年のアメリカ合衆国のパニック映画。監督はロン・ハワード、出演はトム・ハンクスとケヴィン・ベーコンなど。上映時間約140分。アポロ13号爆発事故の実話に基づく作品で、ジム・ラヴェルのノンフィクション”Lost Moon”を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

『カジノ

『カジノ』(Casino)は1995年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロ。ある天才賭博師を通じて、まだマフィアの支配下にあった1970年代から80年代のラスベガスを描いている。

詳細・レビューを見る

 

『大統領の陰謀

『大統領の陰謀』(だいとうりょうのいんぼう、英語:All the President’s Men)は、1976年制作のアメリカ合衆国の映画。ウォーターゲート事件を調査したワシントン・ポストの二人のジャーナリストの手記を元にしたドラマ。

詳細・レビューを見る

 

アルゴ』

『アルゴ』(ARGO)は、1979年から1980年にかけて発生した在イランアメリカ大使館人質事件を題材とした、ベン・アフレック監督・製作・主演による2012年のアメリカ映画である。第85回アカデミー賞作品賞受賞作品。

詳細・レビューを見る

 

ウルフ・オブ・ウォールストリート』

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)は、2013年のアメリカ合衆国の伝記・コメディ映画。ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作としたマーティン・スコセッシ監督作品である。

詳細・レビューを見る

 

『インサイダー

『インサイダー』(原題:The Insider)は、1999年に公開されたアメリカ映画。アメリカのタバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーと大手タバコ会社副社長を描いた社会派ドラマで、実話が基になっている。

詳細・レビューを見る

 

『ニュースの真相

『ニュースの真相』(ニュースのしんそう、Truth)は、2015年のアメリカ合衆国・オーストラリアのドラマ映画。監督はジェームズ・ヴァンダービルト、主演はケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォードが務めた。本作はメアリー・メイプス(英語版)が2005年に上梓した回顧録『大統領の疑惑』を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

 

1960年代のアメリカ

あの『FBI』ができたのは1908年だが、1960年代のアメリカは色々なことがあった。キング牧師やマルコムXを筆頭とした黒人の公民権運動に、ベトナム戦争に、トンキン湾事件。そしてそれが捏造であることを示す『ペンタゴン・ペーパーズ』の隠蔽、ウォーターゲート事件、キューバ危機と、色々と問題続きだった。これらの映画でその時代のアメリカを様々な角度から見ることができる。

 

『ドリーム』

『ドリーム』(原題: Hidden Figures)は、2016年にアメリカ合衆国で公開された伝記映画である。ただし、史実との相違点も多い。

詳細・レビューを見る

 

『クリムゾン・タイド』

『クリムゾン・タイド』(Crimson Tide)は、トニー・スコット監督が1995年に製作した映画。タイトルの直訳は「深紅の潮流」だが、「クリムゾンタイド」は舞台となる潜水艦と同じ名を持つアラバマ大学フットボールチームの愛称である。

詳細・レビューを見る

 

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(ジャッキー ファーストレディ さいごのしめい、Jackie)は、2016年のアメリカ合衆国の伝記ドラマ映画。ファーストレディを務めていた頃と1963年のテキサス州ダラスで夫のジョン・F・ケネディが暗殺された以降のジャクリーン・ケネディが描かれる。

詳細・レビューを見る

 

『ゴースト・オブ・ミシシッピー』

『ゴースト・オブ・ミシシッピー』(原題:Ghosts of Mississippi)は、1996年のアメリカ合衆国の映画。1963年に起きたアフリカ系アメリカ人の公民権運動家メドガー・エヴァーズ射殺事件を追い続け、その犯人である白人至上主義者バイロン・デ・ラ・ベックウィズを30年後に有罪に持ち込んだ地方検事ボビー・デローターとメドガーの妻マーリーの闘いを描いた映画。

詳細・レビューを見る

 

『ミシシッピー・バーニング』

『ミシシッピー・バーニング』(Mississippi Burning)は、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件をモデルにした社会派映画。1988年公開。アカデミー撮影賞受賞作品。

詳細・レビューを見る

 

『グッドモーニング, ベトナム』

『グッドモーニング, ベトナム』(英語: Good Morning, Vietnam)は、1987年製作のアメリカ映画。一人のAFNDJが、兵士達を笑いとロックで癒し、ベトナム人と触れ、戦争の冷酷さに翻弄される5ヶ月を描いたベトナム戦争映画の中でも異色の作品。

詳細・レビューを見る

 

『ザ・ハリケーン』

『ザ・ハリケーン』(原題: The Hurricane)は、1999年のアメリカ合衆国の伝記映画。黒人差別に基づく冤罪事件である「ルービン・カーター事件」を題材としている。

詳細・レビューを見る

 

『J・エドガー』

『J・エドガー』(J. Edgar)は、2011年の伝記映画。FBI長官のエドガー・フーヴァーの生涯に基づき、彼のキャリアに焦点を合わせ、さらにクローゼット・ホモセクシュアルであったと言われる彼の私生活にも触れられている。

詳細・レビューを見る

 

『ザ・シークレットマン』

ウォーターゲート事件の情報提供者「ディープ・スロート」こと、当時のFBI副長官マーク・フェルトを描いた作品。つまり、フーヴァー長官のすぐそばにいた人物の話だ。物語は、フーヴァー長官が死んだ後から始まる。

詳細・レビューを見る

 

『プラトーン』

『プラトーン』(英語: Platoon, 英語発音: [pləˈtuːn] プラトゥーン)は、1986年公開のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・脚本はオリバー・ストーン。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォー。

詳細・レビューを見る

 

『カジュアリティーズ』

『カジュアリティーズ』(原題:Casualties of War)は、ベトナム戦争中に起きたアメリカ陸軍兵士による戦争犯罪を題材にして1989年に製作されたアメリカ合衆国の戦争映画。1966年の「兵士による少女強姦」という実際に起きた事件を、戦場に於ける犯罪を告発した退役兵士の回想として描いた作品。

詳細・レビューを見る

 

『7月4日に生まれて』

『7月4日に生まれて』(しちがつよっかにうまれて、原題: Born on the Fourth of July)は、1989年制作のアメリカ映画。ロン・コーヴィックの同名の自伝的小説(1976年)を映画化した作品で、ベトナム戦争を扱った戦争映画。

詳細・レビューを見る

 

13デイズ

『13デイズ』(サーティーン・デイズ、Thirteen Days)は、2000年のアメリカ映画。1962年のキューバ危機を題材にしたサスペンス映画である。

詳細・レビューを見る

 

『JFK』

『JFK』(JFK)は1991年のアメリカ映画。ケネディ大統領暗殺事件の捜査に執念を燃やす地方検事ジム・ギャリソン(ケビン・コスナー)を中心に描いた現代史ミステリー。大統領暗殺をめぐる唯一の訴訟であるクレイ・ショー裁判にいたる捜査を題材として描いている。

詳細・レビューを見る

 

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(ペンタゴン・ペーパーズ/さいこうきみつぶんしょ、原題:The Post)は、2017年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。

詳細・レビューを見る

 

グローリー/明日への行進』

『グローリー/明日への行進』(グローリー あすへのこうしん、原題: Selma)は、2014年のアメリカの歴史ドラマ映画。ポール・ウェブによる脚本をエイヴァ・デュヴァーネイが改稿・監督した。

詳細・レビューを見る

 

マルコムX

『マルコムX』(マルコム エックス、英語: Malcolm X)は、1992年製作・公開のアメリカ合衆国の映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ALI アリ』

『ALI アリ』(Ali)は、2001年公開のアメリカ映画。伝説的なプロボクサー、モハメド・アリの半生を描いたウィル・スミス主演の映画作品。

詳細・レビューを見る

 

『私はあなたのニグロではない』

『私はあなたのニグロではない』(I Am Not Your Negro)は、ボールドウィンによる公民権運動指導者のメドガー・エバース、マルコム・X、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの回想を通してアメリカ合衆国の人種差別の歴史、そして米国史についての彼の個人的な考察が描かれる。

詳細・レビューを見る

 

アメリカン・ギャングスタ―』

『アメリカン・ギャングスター』(原題: American Gangster)は、スティーヴン・ザイリアン脚本、リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、2007年にアメリカ合衆国で製作された犯罪映画である。

詳細・レビューを見る

 

『グッドフェローズ

『グッドフェローズ』 (Goodfellas) は、1990年のアメリカ合衆国の犯罪伝記映画。 1955年から1980年にかけてのニューヨーク・マフィア界で生きた、ヘンリー・ヒルという実在の男を題材とした作品である。

詳細・レビューを見る

 

『ファースト・マン』

『ファースト・マン』(原題: First Man)は、2018年のアメリカ合衆国の伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

『ニクソン』

『ニクソン』(Nixon)は、1995年にオリバー・ストーンが監督したアメリカ映画。1968年に第37代アメリカ大統領に就任したリチャード・ニクソンの半生を描いている。特に辞任のきっかけとなったウォーターゲート事件、そして精神的に追い込まれていくニクソンの姿に焦点が当てられている。

詳細・レビューを見る

 

『ハンバーガー・ヒル』

『ハンバーガー・ヒル』(原題:Hamburger Hill)は、1987年制作のアメリカ合衆国の映画。1969年、南ベトナムのアシャウ渓谷にある丘、ドン・アプ・ビア=通称“937高地”でアメリカ軍第101空挺師団と北ベトナム軍との間で繰り広げられた攻防戦「アパッチ・スノー作戦」を描いた作品であり、ベトナム戦争の悲惨さを戦場に送られたばかりの若い新兵を中心に描いている。

詳細・レビューを見る

 

 

9.11

『ブッシュジュニア』の方であるジョージ・W・ブッシュの時代に、『アメリカ同時多発テロ事件』が勃発した。彼はそのアメリカの危機に対し、どう立ち振る舞うのだろうか。実は彼の裏にはディック・チェイニーという副大統領がいた。彼らは決断する。テロリストを攻撃しなければ、自分たちがまた攻撃されるかもしれないからだ。

 

そしてアメリカは、イラクに『大量破壊兵器』があるとして、イラクを攻撃し『イラク戦争』が始まった。しかし、イラクにそんなものはなかったのだ。また、その他にも大勢の無実の人がこのテロの影響で凄惨な目に遭うことになった。

 

『バイス』

『バイス』(原題:Vice)とは、2018年のアメリカ合衆国の伝記映画。第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュの下で副大統領を務め、「アメリカ史上最強で最凶の副大統領」と呼ばれたディック・チェイニーを描いている。

詳細・レビューを見る

 

華氏911

『華氏911』(かしきゅういちいち、原題: Fahrenheit 9/11)は、映画監督マイケル・ムーアが2004年に発表した、アメリカ同時多発テロ事件へのジョージ・W・ブッシュ政権の対応を批判する内容を含むドキュメンタリー映画。

詳細・レビューを見る

 

グアンタナモ、僕達が見た真実

2001年、アルカーイダのメンバーと間違われ、キューバにあるグァンタナモ米軍基地に送られたパキスタン系イギリス人の青年達に起こった出来事を、本人達へのインタビューを基にしてマイケル・ウィンターボトムが映画化したノンフィクション。

詳細・レビューを見る

 

『ザ・レポート』

『ザ・レポート』(原題:The Report)は2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画である。ブッシュ政権下でのCIAによる拷問と、次のオバマ政権下でのその調査を描く。監督はスコット・Z・バーンズ、主演はアダム・ドライヴァーが務めた。

詳細・レビューを見る

 

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(Shock and Awe)は2017年公開のアメリカ合衆国の映画。イラク開戦をめぐる「大量破壊兵器」捏造問題を実話を元に描く。原題の「衝撃と畏怖」は米軍の作戦名から採られている。

詳細・レビューを見る

 

アメリカン・スナイパー』

『アメリカン・スナイパー』(原題: American Sniper)は、アメリカ合衆国で製作され、2014年に公開された伝記映画である。

詳細・レビューを見る

 

ゼロ・ダーク・サーティ』

『ゼロ・ダーク・サーティ』(原題:Zero Dark Thirty)は、ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害に至る経緯と、作戦に挑む特殊部隊を描いた2012年のアメリカ合衆国の政治映画、サスペンス映画。タイトルは、米軍隊の俗語で「未明」を意味する。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧