『後悔したくない方』はこちら

フランスの歴史を映画で観てみよう!

 

2000本以上観てきた私が『フランスの歴史』編をご紹介します!

 

フランスの歴史

フランスもイギリス同様、ローマ帝国の東西分裂以降にできた国であり、987年に西フランク王国でユーグ・カペーによるカペー朝が成立し、『フランス王国』となった。『ノルマン・コンクエスト』のウィリアム1世は、フランスのノルマンディーを拠点とした北方ヴァイキング・ノルマン人のロロ(860頃~930年)の子孫。フランスとイギリスの戦いはその時から行われていたのである。ちなみに、ロシアの大元となる人物リューリク(830~879年)も、ヴァイキングだ。

 

イギリスとの『百年戦争』で領土を奪い合い、あるいは宗教が理由で様々な戦争を起こした。1100年~1300年頃まで続いた『十字軍の遠征』では、

 

  1. イギリスの獅子心王、リチャード1世
  2. フランスの尊厳王、フィリップ2世
  3. 神聖ローマ帝国の赤髭王、フリードリヒ1世

 

といった各国の人物が『キリスト教徒(十字軍)』として集まったわけだが、そこにあったのは『キリスト教』というバックボーンで、彼らはそこに仲間意識を覚えることができたからだ。しかしフランスでは、新旧の宗派対立からユグノー戦争(1562年 – 1598年)が勃発し内乱が続いた。フランスのカトリックとプロテスタントが休戦を挟んで40年近くにわたり戦った内戦である。そして絶対王政の時代を経て、その代償が第三市民(一般市民)に押し付けられたことにより『フランス革命』が起き、王が処刑される事態に。

 

そこで登場するのがナポレオンである。フランスの英雄ナポレオンは世界を獲りかけたが、一時的なエネルギーに過ぎなかった。そしてフランスもイギリス同様、植民地の独立、度重なる戦争による支出と損害によって国力が衰退し、アメリカに追い抜かれてしまった。

 

『征服王ウィリアム ソード・コンクエスト』

『ノルマン・コンクエスト』とは、イギリスの歴史において、現在に至るまで外国の勢力による侵攻・征服が成功した最後の事例であり、ノルマン人がアングロサクソン人の支配するイングランドを制圧した歴史上の重要な出来事である。

詳細・レビューを見る

 

『ロビン・フッド』

『ロビン・フッド』(Robin Hood)は、2010年のアメリカ・イギリス合作映画。

詳細・レビューを見る

 

キングダム・オブ・ヘブン

『キングダム・オブ・ヘブン』(原題:Kingdom of Heaven, 意味:天国の王国)は、2005年製作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督のスペクタクル・ドラマ。

詳細・レビューを見る

 

ジャンヌ・ダルク

『ジャンヌ・ダルク』(原題: The Messenger: The Story of Joan of Arc)は、1999年に公開されたフランス・アメリカ合作の伝記映画。リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョボヴィッチ主演で、ジャンヌ・ダルクの誕生から処刑までを描いた歴史映画である。

詳細・レビューを見る

 

『王妃マルゴ』

『王妃マルゴ』(おうひマルゴ、La Reine Margot)は、1994年制作のフランス映画。アレクサンドル・デュマ・ペールの同名小説の映画化作品。

詳細・レビューを見る

 

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

若かりし三銃士とダルタニアンの活躍。というかルイ13世のこの時代が、三銃士の活躍の舞台だ。この後、『鉄仮面の男』で彼らが老い、そして君主はルイ14世になる。ぜひ、併せて観たい映画だ。この作品の場合、若い三銃士が恋に戦いに、爽快に駆け回るため、あまり深く考えなくていいメリットがある。

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?
監督 ポール・W・S・アンダーソン
脚本 アンドリュー・デイヴィス
アレックス・リトヴァク

 

『仮面の男』

『仮面の男』(かめんのおとこ、The Man in the Iron Mask)は、1998年制作のアメリカ映画。アレクサンドル・デュマの『ダルタニャン物語』をベースに、ルイ14世と鉄仮面伝説、老いた三銃士の復活と活躍、王妃とダルタニアンの秘めた恋を描いた歴史娯楽活劇。

詳細・レビューを見る

 

『ヴェルサイユの宮廷庭師』

1682年のフランスに、現在、Wikipediaにも載っていないサビーヌ・ド・バラという庭師がいた。当時の王はルイ14世だ。ルイ14世というのは表向きには『太陽王』とも称されるほどの人物で、ヴェルサイユ宮殿を作ったことでも有名。

詳細・レビューを見る

 

『王妃マリー・アントワネット』

『王妃マリー・アントワネット』(Marie-Antoinette)は、カナダ、フランスのテレビ映画。

詳細・レビューを見る

 

『マリー・アントワネットに別れをつげて』

『マリー・アントワネットに別れをつげて』(マリー・アントワネットにわかれをつげて、Les Adieux à la reine)は、2012年のフランスとスペイン合作による歴史ドラマ映画。監督はブノワ・ジャコ、出演はレア・セドゥとダイアン・クルーガーなど。

詳細・レビューを見る

 

『戦争と平和』

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、Война и мир)はロシアの文豪レフ・トルストイの代表作の1つである大河歴史小説『戦争と平和』を映画化した作品。

詳細・レビューを見る

 

『ナポレオンに勝ち続けた男-皇帝と公爵-』

『皇帝と公爵』(こうていとこうしゃく、ポルトガル語原題:Linhas de Wellington)は、バレリア・サルミエント監督による2012年のフランス・ポルトガルの叙事詩的戦争映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ワーテルロー』

『ワーテルロー』(Waterloo)は、1970年のイタリア・ソ連合作映画。

詳細・レビューを見る

 

レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、2012年12月21日公開の、イギリス・アメリカ合作のミュージカル映画。ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作として1980年代にロンドンで上演され、以後、ブロードウェイを含む世界各地でロングランされていた同名のミュージカルの映画化作品である。

詳細・レビューを見る

 

『ダンケルク』

『ダンケルク』(Dunkirk)は、クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画である。第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれており、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画である。

詳細・レビューを見る

 

『アルジェの戦い』

『アルジェの戦い』(原題: La battaglia di Algeri)は、1966年にイタリアで公開された戦争映画。監督はジッロ・ポンテコルヴォ。アルジェリアのフランスからの独立までのアルジェリア戦争を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『ココ・アヴァン・シャネル』

『ココ・アヴァン・シャネル』(Coco avant Chanel)は、2009年のフランス映画。エドモンド・シャルル=ルーの同名小説を原作としたココ・シャネルの伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

『イヴ・サンローラン』

『イヴ・サンローラン』(Yves Saint Laurent)は2014年のフランスの伝記映画。 監督はジャリル・レスペール、出演はピエール・ニネとギヨーム・ガリエンヌなど。 20世紀を代表するフランスのファッションデザイナー、イヴ・サン=ローランの生涯を、同性の恋人で後援者でもあるピエール・ベルジェとの関係を通して描いている。

詳細・レビューを見る

 

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧