『ヒト』を最適化しよう。

『不思議・独特』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 

不思議・独特編

2000本以上観てきた私が『不思議』で『独特』の世界観や映像の映画をご紹介します!

 

チャーリーとチョコレート工場 

『チャーリーとチョコレート工場 』(チャーリーとチョコレートこうじょう、Charlie and the Chocolate Factory)は、2005年製作のアメリカ映画。ティム・バートン監督。ジャンルはファンタジー・コメディ、ミュージカル。

詳細・レビューを見る

 

『レディ・プレイヤー1』

『レディ・プレイヤー1』(原題: Ready Player One)は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画である。監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックが務めた。アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

LUCY』

『LUCY/ルーシー』(Lucy)は、2014年にフランスで制作されたSFアクション映画。

詳細・レビューを見る

 

『メメント』

『メメント』(原題:Memento)は、2000年に公開されたアメリカ映画。クリストファー・ノーラン監督作品で出世作であり代表作の一つ。ストーリーを終わりから始まりへ、時系列を逆向きに映し出していくという形式を取りながら、妻を殺した犯人を追う男性を描く。

詳細・レビューを見る

 

セッション』

『セッション』(原題: Whiplash)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ映画である。監督・脚本はデイミアン・チャゼル、主演はマイルズ・テラーが務めた。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した。

詳細・レビューを見る

 

『アーティスト』

『アーティスト』(英: The Artist)は、1927年から1932年までのハリウッドを舞台とし、トーキーの登場でサイレント映画の時代が終わったことで没落する男優と躍進する女優を描く物語である。

詳細・レビューを見る

 

『時計じかけのオレンジ』

『時計じかけのオレンジ』(とけいじかけのオレンジ、A Clockwork Orange)は、アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作とする1971年公開の映画。スタンリー・キューブリック監督。

詳細・レビューを見る

 

『2001年宇宙の旅』

『2001年宇宙の旅』(にせんいちねんうちゅうのたび、原題:2001: A Space Odyssey)は、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックのアイデアをまとめたストーリーに基いて製作された、SF映画およびSF小説である。

詳細・レビューを見る

 

『座頭市』

『座頭市』(ざとういち)は、2003年に製作された北野武監督、ビートたけし主演の日本映画。

詳細・レビューを見る

 

アリス・イン・ワンダーランドシリーズ』

『アリス・イン・ワンダーランド』(原題:Alice in Wonderland)は、2010年公開のアメリカ映画。ティム・バートン監督。ルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を原作に、その後日談的なストーリーとして再構成、実写とモーションキャプチャによって映画化した。

詳細・レビューを見る

 

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(バードマン あるいは むちがもたらすよきせぬきせき、英: Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance))は、2014年のアメリカ合衆国のドラマ映画。

詳細・レビューを見る

 

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

『容疑者、ホアキン・フェニックス』(ようぎしゃホアキンフェニックス、I’m Still Here)は、2010年のアメリカ合衆国のモキュメンタリー(フェイク・ドキュメンタリー)映画。

詳細・レビューを見る

 

シン・シティ 復讐の女神

『シン・シティ 復讐の女神』(シン・シティ ふくしゅうのめがみ、原題: Sin City: A Dame to Kill For)は、2014年公開のクライム・スリラー、ネオ・ノワール映画。2005年の映画『シン・シティ』の続編である。

詳細・レビューを見る

 

『キャビン』

『キャビン』(The Cabin in the Woods)は、ドリュー・ゴダード監督・脚本、ジョス・ウィードン脚本・製作による2012年のアメリカ合衆国のホラー映。

詳細・レビューを見る

 

アダムス・ファミリー

『アダムス・ファミリー』(The Addams Family)は、チャールズ・アダムスが創作した同名のカートゥーン『アダムス・ファミリー』を原作とした1991年のアメリカ映画。ホラー、コメディ映画。

詳細・レビューを見る

 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(ミス・ペレグリンときみょうなこどもたち、英: Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children)は2016年にアメリカ合衆国で製作されたダーク・ファンタジー映画。

詳細・レビューを見る

 

『ブレードランナー』

『ブレードランナー』(原題:Blade Runner)は、1982年公開のSF映画。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(A Ghost Story)は、2017年のアメリカ合衆国のファンタジー映画。監督はデヴィッド・ロウリー。

詳細・レビューを見る

 

ドライヴ

『ドライヴ』 (Drive) は、ジェイムズ・サリスの2005年の小説、及びそれを原作とした2011年公開のアメリカ映画。日本にニコラス・ウィンディング・レフンの名を知らしめた映画であり、この映画のヒットをきっかけにレフンの過去作が相次いで劇場公開・ソフト化された。

詳細・レビューを見る

 

アイム・ノット・ゼア

『アイム・ノット・ゼア』(I’m Not There)は、2007年のアメリカ映画。歌手ボブ・ディランの半生を6人の俳優達(クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー)が演じる伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

空海

『空海』(くうかい)は、1984年(昭和59年)4月14日公開の日本映画。 

詳細・レビューを見る

 

『カメラを止めるな!』

『カメラを止めるな!』(カメラをとめるな!)は、2017年製作、公開の日本映画。

詳細・レビューを見る

 

TAKESHIS’

『TAKESHIS’』(タケシズ)は、北野武が監督を務めた12作目の日本映画。 第62回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。キャッチコピーは「500% KITANO」「たけしがたけしを演じる」「『たけし』が『たけし』に出会う」

詳細・レビューを見る

 

『しんぼる』

『しんぼる』は、2009年9月12日に公開された日本映画。「松本人志 第二回監督作品」。

詳細・レビューを見る

 

『Dr.パルナサスの鏡』

『Dr.パルナサスの鏡』(The Imaginarium of Doctor Parnassus)は、2009年公開のファンタジー映画。監督はテリー・ギリアム。PG12指定。

詳細・レビューを見る

 

『オンリー・ゴッド』

『オンリー・ゴッド』(Only God Forgives)は、ニコラス・ウィンディング・レフン監督・脚本、ライアン・ゴズリング出演の2013年のフランス・デンマーク合作のクライム・スリラー映画である。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧