『後悔したくない方』はこちら

『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。
 
注意
一応一番上が『一位』ということにしますが、人はどうしても最近見た映画に熱が入ります。つまり、古い映画はそれだけの理由で下位にランキングされるので、下位にあるからといって侮れません。
 

目次

どんな映画が多い?

私が映画に求めるものは圧倒的に『人生の教訓』です。私は十分この現実でスリリングな人生を生きてきましたから、ホラー映画に刺激を求めたいとは思わないんですね。また、『映画を観る為に人生を生きている』わけではないので、観る映画は厳選したい。このような私の考え方が、鑑賞する映画の傾向に現れています。それについては、下記の記事にて更に詳細を詰めています。きっと参考になるはずですので、目を通してみてください。
  この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?  

それではランキングを見てみましょう!

 

教訓編(全50位)

2000本以上観た映画の中で、私が『教訓』を得た映画をご紹介します!

 

『アレクサンドリア』

『アレクサンドリア』(原題: Ágora)は、2009年に公開されたスペイン製作の映画。

詳細・レビューを見

 

『はじまりへの旅』

『はじまりへの旅』(はじまりへのたび、Captain Fantastic)は、2016年のアメリカ合衆国のコメディドラマ映画。 監督はマット・ロス、主演はヴィゴ・モーテンセン。10年間の森の中での生活の後、再び社会へと関わらざるを得なくなってしまった家族の姿を描く。

詳細・レビューを見る

 

『リベリオン』

『リベリオン』(邦題:REBELLION,原題: Equilibrium)は、2002年公開の近未来SFガンアクション映画。カート・ウィマー監督。本国でのビデオ・DVDの宣伝コピーは「Forget “The Matrix”!」(『マトリックス』を超えた!)。

詳細・レビューを見る

 

『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』

『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』(アイヒマンのこうけいしゃ ミルグラムはかせのおそるべきこくはつ、Experimenter)は2015年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ映画である。

詳細・レビューを見る

 

『普通の人々』

『普通の人々』(ふつうのひとびと、原題:Ordinary People)は、1980年のアメリカ合衆国の映画作品。第53回(1980年)のアカデミー作品賞、監督賞(ロバート・レッドフォード)、助演男優賞(ティモシー・ハットン)、脚色賞(アルヴィン・サージェント)の4部門を獲得した。

詳細・レビューを見る

 

ブレイブワン』

『ブレイブ ワン』(原題: The Brave One)は、2007年公開のサスペンス映画。R-15指定。

詳細・レビューを見る

 

『チェンジング・レーン』

『チェンジング・レーン』(Changing Lanes)は2002年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。 監督はロジャー・ミッシェル、出演はベン・アフレックとサミュエル・L・ジャクソンなど。 車線変更(チェンジング・レーン)による些細な接触事故をきっかけに激しく憎しみ合うようになる二人の対照的な男の姿を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『砂と霧の家』

『砂と霧の家』(すなときりのいえ、原題: House of Sand and Fog)は2003年制作のアメリカ映画。第76回アカデミー賞にて主演男優賞、助演女優賞、作曲賞にノミネートされた。

詳細・レビューを見る

 

『マザー・テレサからの手紙』

ガンジーマザー・テレサの名を知らない人はいないだろう。実際、彼女らは面識があり、同じインドを生きた。

詳細・レビューを見る

 

思い出のマーニー』

『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。

詳細・レビューを見る

 

エクソダス:神と王』

『エクソダス:神と王』(エクソダスかみとおう、Exodus: Gods and Kings)は、2014年のアメリカ合衆国の叙事詩的映画。監督はリドリー・スコット、脚色はスティーヴン・ザイリアンが担当し、クリスチャン・ベールが主役を務める。

詳細・レビューを見る

 

ゴーン・ベイビー・ゴーン』

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(原題:Gone Baby Gone)は、2007年のアメリカ映画。ベン・アフレックの初映画監督作品で、多数の映画賞を受賞した。

詳細・レビューを見る

 

戦場のメリークリスマス』

『戦場のメリークリスマス』(せんじょうのメリークリスマス、英: Merry Christmas, Mr. Lawrence)は、大島渚が監督した映画作品である。

詳細・レビューを見る

 

『レイルウェイ 運命の旅路』

『レイルウェイ 運命の旅路』(原題:The Railway Man)は、2013年制作のオーストラリア・イギリスの映画。エリック・ローマクスの自叙伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』(The Railway Man)の映画化。

詳細・レビューを見る

 

レッドクリフ』

『レッドクリフ』(中題: 赤壁、英題:Red Cliff)は、ジョン・ウー(呉宇森)監督による中国のアクション映画。中国文学の四大古典小説とされている羅貫中の『三国志演義』を基に前半のクライマックスシーンである赤壁の戦いを描く。

詳細・レビューを見る

 

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(ファウンダー ハンバーガーていこくのヒミツ、The Founder)は、2016年のアメリカ合衆国の伝記映画。マクドナルド・コーポレーションの創業者レイ・クロックの半生を描く。

詳細・レビューを見る

 

ゼロ・グラビティ』

『ゼロ・グラビティ』(原題:Gravity)は、アルフォンソ・キュアロン監督による2013年に公開された、宇宙を舞台にしたSF・ヒューマン・サスペンス映画である。

詳細・レビューを見る

 

『フォレスト・ガンプ』

『フォレスト・ガンプ/一期一会』(フォレスト・ガンプ いちごいちえ、Forrest Gump)は、1994年公開のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『いまを生きる』

『いまを生きる』(原題: Dead Poets Society)は、1989年のアメリカ映画である。ロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督。第62回アカデミー賞で脚本賞を受賞した。

詳細・レビューを見る

 

『キャスト・アウェイ』

『キャスト・アウェイ』(Cast Away)は、2000年のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演作品。両者がタッグを組むのは1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』以来2度目である。

詳細・レビューを見る

 

『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』

『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』(原題:Patch Adams)は、1998年のアメリカ映画。実在の医師パッチ・アダムスをロビン・ウィリアムズが演じた伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

 

コンテイジョン』

『コンテイジョン』(Contagion)は、2011年のアメリカのスリラー映画。高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描く。

詳細・レビューを見る

 

『アウトブレイク』

『アウトブレイク』(Outbreak)は、1995年制作のアメリカ映画。アフリカから持ち込まれた非常に致死性の高いウイルスによる未曾有の「バイオハザード(微生物災害)」に立ち向かう人々を描いたサスペンス映画。

詳細・レビューを見る

 

『ショーシャンクの空に』

『ショーシャンクの空に』(ショーシャンクのそらに、原題:The Shawshank Redemption)は、1994年に公開されたアメリカ映画。刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。

詳細・レビューを見る

 

『蟹工船』

『蟹工船』(かにこうせん)は、文芸誌『戦旗』で1929年(昭和4年)に発表された小林多喜二の小説である。いわゆるプロレタリア文学の代表作とされ、国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されている。

詳細・レビューを見る

 

『ジョンQ -最後の決断-』

『ジョンQ -最後の決断-』(じょんきゅう さいごのけつだん、原題: John Q)は、米国で2002年に製作された映画。日本での公開は2002年11月23日。アメリカの医療制度、保険制度の問題を風刺したヒューマンドラマ。

詳細・レビューを見る

 

『TENET テネット』

『TENET テネット』(原題:Tenet)は、2020年公開のクリストファー・ノーラン監督・脚本・製作によるSF映画である。

詳細・レビューを見る

 

『17歳の肖像』

『17歳の肖像』(An Education)は、2009年のイギリス映画。リン・バーバーの自叙伝を映画化した作品。

詳細・レビューを見る

 

『(500)日のサマー』

『500日のサマー』((500)日のサマー、ごひゃくにちのサマー、(500) Days of Summer)は、2009年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

パッション』

『パッション』(原題:The Passion of the Christ )は、2004年のアメリカ映画。イエス・キリストが処刑されるまでの12時間を描く。

詳細・レビューを見る

 

ノア 約束の船』

『ノア 約束の舟』(ノア やくそくのふね、原題: Noah)は、ダーレン・アロノフスキーが監督し、アロノフスキーと アリ・ハンデル(英語版)がノアの方舟を基に脚本を執筆した2014年のアメリカ合衆国の叙事詩的映画である。

詳細・レビューを見る

 

英国王のスピーチ』

『英国王のスピーチ』(えいこくおうのスピーチ、原題:The King’s Speech)は、2010年のイギリス・オーストラリア・アメリカの歴史ドラマ映画。

詳細・レビューを見る

 

ヴィレッジ』

『ヴィレッジ』(The Village)は、2004年のアメリカ合衆国のミステリ映画。監督・脚本は『シックス・センス』のM・ナイト・シャマラン。

詳細・レビューを見る

 

『ライアーライアー』

『ライアー ライアー』(Liar Liar)は、1997年のアメリカ映画。ジム・キャリー主演のコメディ映画。

詳細・レビューを見る

 

風の谷のナウシカ』

『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は1984年に公開されたトップクラフト制作の日本のアニメーション映画。宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。

詳細・レビューを見る

 

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』(チャーリーセズ マンソンのおんなたち、Charlie Says)は、2018年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督はメアリー・ハロン、出演はハンナ・マリーとソシー・ベーコンなど。

詳細・レビューを見る

 

『キュリー夫人』

『キュリー夫人』(キュリーふじん、原題:Madame Curie)は、1943年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ビリギャル』

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、坪田信貴によるノンフィクション作品 、およびアスキー・メディアワークスにより2013年に書籍化された同名の書籍である。

詳細・レビューを見る

 

『ウォール・ストリート』

『ウォール・ストリート』(原題: Wall Street: Money Never Sleeps)は、2010年のアメリカ映画。1987年の映画『ウォール街』の続編であり、前作に続きオリバー・ストーンが再び監督を務めている。

詳細・レビューを見る

 

『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』

『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』( – きけんなかけ、Arbitrage)は、2012年にアメリカ合衆国で公開されたサスペンス映画。ニコラス・ジャレッキー監督の長編劇初監督作品。

詳細・レビューを見る

『天使のくれた時間』

『天使のくれた時間』(てんしのくれたじかん、原題:The Family Man)は、2000年製作のアメリカ映画。ブレット・ラトナー監督が、『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに「もしあの時、違う道を選んでいたら?」をテーマに描いたファンタジー映画。

詳細・レビューを見る

 

『ソウル・サーファー』

『ソウル・サーファー』(Soul Surfer)は、2011年のアメリカ合衆国のドラマ映画。13歳のときに鮫に襲われて片腕を失いながらも、サーファーを目指したベサニー・ハミルトンの実話を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『ブレイン・ゲーム』

『ブレイン・ゲーム』(原題:Solace)は、2015年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ブルーに生まれついて』

『ブルーに生まれついて』(ブルーにうまれついて、原題: Born to Be Blue)は、2015年のカナダ・イギリス合作の伝記ドラマ映画である。ロバート・バドローが監督と脚本を手がけており、イーサン・ホークがチェット・ベイカーを演じている。

詳細・レビューを見る

 

『ドン・ジョン』

『ドン・ジョン』(Don Jon)は、2013年にアメリカ合衆国で制作されたコメディドラマ映画。ジョセフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本・主演を務めた。

詳細・レビューを見る

 

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(Yes Man)は、2008年にアメリカで製作されたコメディ映画である。監督はペイトン・リード。主演はジム・キャリー。この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている。

詳細・レビューを見る

 

『エリン・ブロコビッチ』

『エリン・ブロコビッチ』(原題: Erin Brockovich)は、2000年製作のアメリカ映画。アメリカ西海岸を拠点とする大手企業PG&Eから、史上最高額の和解金を勝ち取ったエリン・ブロコビッチの半生を描く。

詳細・レビューを見る

 

『7月4日に生まれて』

『7月4日に生まれて』(しちがつよっかにうまれて、原題: Born on the Fourth of July)は、1989年制作のアメリカ映画。ロン・コーヴィックの同名の自伝的小説(1976年)を映画化した作品で、ベトナム戦争を扱った戦争映画。主演のトム・クルーズは役作りのため、約1年間車椅子に乗って生活した。

詳細・レビューを見る

 

『みかんの丘』

舞台はアブハジア共和国。時代も1990年代前半で、『とうもろこしの島』と同じ状況が舞台となっている。

詳細・レビューを見る

 

『愛と哀しみの果て』

『愛と哀しみの果て』(あいとかなしみのはて、Out of Africa)は、1985年公開のアメリカ映画。配給会社はユニヴァーサル映画で、監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの『アフリカの日々』をカート・リュードックが脚色。

詳細・レビューを見る

 

『マーシャル・ロー』

『マーシャル・ロー』(原題:The Siege)は、1998年に製作・公開されたアメリカ映画。邦題の「マーシャル・ロー (martial law)」 は「戒厳」の意味。原題のまま「シージー」では日本語として語感が今一つで、「戒厳令」では語感が重すぎるとの判断から採用された。なお「マーシャル・ロー」は原題決定前の仮題でもあった。

詳細・レビューを見る

 

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧