Contents|目次

『タイムリミット』 レビュー(感想)と考察

『タイムリミット』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

デンゼル・ワシントンの演技力と存在感だけで、この映画に重厚な異彩が放たれている。例えば『悪魔を憐れむ歌』ではオカルト的な話、『ラストゲーム』では単なるバスケットボールが上手い受刑者の役で登場時間はそう長くないのだが、普通、このような映画に出てしまうと『そのチープな要素』に足を引っ張られ、俳優ごと映画に足を引っ張られ、チープに見えてしまうものだ。

 

だが、彼の場合、例えば今回も不倫をするような無責任でだらしなさが否めないような男を演じるのだが、その設定を忘れてしまうほどの演技力で作品を盛り上げている。100分程度の、一歩間違えれば低俗になりそうなこのシナリオでも、彼のおかげによって見事にエンタメ映画に仕立て上げられている。

 

よく、同じ俳優が出ていても『あの映画はいいが、この映画の彼はだめだ』などという評価を安易にする人がいる。確かにそう思ったことは事実なのだろう。私もディカプリオの映画『レボリューショナリーロード』は、ケイトウィンスレットとの久しぶりの共演なのに、『タイタニック』と比べて全く生き生きしていないと、批判するに至った。

 

だが、今回のようなちゃんとデンゼルが自分の役をこなしているときは、それをしっかりと評価したいものだ。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『戦場からのラブレター』 レビュー(感想)と考察 『マイル22』 レビュー(感想)と考察 『スタンドアップ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS