Contents|目次

『恋愛だけじゃダメかしら』 レビュー(感想)と考察

『恋愛だけじゃダメかしら』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーで1位となり過去25年間で最も影響力のある1冊と考えられ、かつ「アメリカの妊娠のバイブル」と呼ばれ、全世界で2000万部以上を売り上げた、1984年に出版された本、『すべてがわかる妊娠と出産の本』が原作になっている。

 

監督はこの原作をガイド本とは知らずに小説だと思い込んでいたことも映画化のきっかけかもしれないが、やはりそれだけのヒット作ということもあって、かなり教訓性に長けている作品となっている。だが同時に、最低の演技をした人に贈られるゴールデンラズベリー賞にブルックリンデッカーやジェニファーロペスがノミネートするなど、価値の足を引っ張る展開もいくつかある。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』