Contents|目次

『八月の狂詩曲』 レビュー(感想)と考察

『八月の狂詩曲』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

何があるわけでもない日本の一家の日常なのだが、そういう時にこの吉岡秀隆という人物は強い。『北の国から』も『Always』でもそうだが、だからといってそこにドラマがないということは絶対にない、という説得力においてピカイチの男だ。

 

とりわけ、ことこの『長崎』という場所で描かれる『普通の日常』は決して、『普通』ではない。それは、映画『TOMORROW 明日』を観た後なら、理解できる話だ。

 

個人的には、ジーン・ハックマンというコワモテ俳優がこの役を熱望していたということが嬉しいし、リチャード・ギアもこの映画のセットを欲しがり、実際に念仏堂をアメリカの別荘に移築したという話も中々嬉しい。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『きっと、うまくいく』 レビュー(感想)と考察 『怒り』 レビュー(感想)と考察 『バレット』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS