Contents|目次

『白い帽子の女』 レビュー(感想)と考察

『白い帽子の女』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

この映画はアンジェリーナ・ジョリーが監督・脚本ほか、当時夫だったブラッド・ピットと共に製作・主演も務めていることもあり、内容と実生活を妙に重ねて見てしまい、意味ありげな感じになっている。また、『白い帽子』を被った女を見つけることが難しく、内容も『徐々に真相が明かされていく謎解き式』に近い感じの為、視聴者は混乱していってしまう(よくわからないな)という感想を抱いてしまう。

 

ここからはネタバレ風の考察だ。

 

実は彼女の帽子は黒や豹がメイン。白もあるが、他にも帽子がある。それなのになぜこのタイトルなのかを考えたい。それは恐らく『そうなってしまう前(黒い帽子を被る前)』の彼女に目を向かせるためではないだろうか。普通人の心は、色で表せる。子供はなぜカラフルな色を好むか。感情が豊かだからだ。黒い帽子を好むようになった彼女にも、白い帽子を好む時期があった。

 

では一体、なぜ彼女はそうなってしまったのか。そんなことを想像しながら、最後まで彼らの気持ちを想像して、ゆっくり見届けたい。これは、大人の映画だ。

 

 

 

『この映画のジャンル』

精神

 

『その他映画コンテンツ』