Contents|目次

『水曜日のエミリア』 レビュー(感想)と考察

『水曜日のエミリア』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ナタリーポートマン目的で観た映画だが、面白そうでお洒落な気配がする割には、そういうことはない。例えば、そこまで期待していなかった『ブーリン家の姉妹』、『マイブラザー』、『クローサー』などは面白く、特に前者は大傑作だったが、このような感想で終わる映画もある。全体的に暗く、ニッチな映画なので、その対極にいる私には刺さらなかったのかもしれない。

 

私は男であり、不倫が嫌いで、彼女のような経験がない。執着も醜いと思っている人間だし、子供に何かを教えてもらうようなことはそう多くはなく、たいていの場合は自ら本を読んで学ぶことが多い。ということは、私の対極にいるような人にとっては、刺さる映画だ。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』