Contents|目次

『偽りの人生』 レビュー(感想)と考察

『偽りの人生』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ヴィゴ・モーテンセンはこういう映画にもいくつか出ているので、内容が渋いのには慣れてる。『涙するまで生きる』とか『約束の地』とか。渋い映画がとにかく多い。フロイトを演じた『危険なメソッド』も、その偉人の華やかさに期待するような派手な内容ではなく、渋かった。

 

いぶし銀の彼はついに『グリーンブック』でアカデミー作品賞に大きく貢献するが、やはり彼の名作と言えばその2年前の2016年公開映画、『はじまりへの旅』だろう。あまりにも教訓性が高く、受け入れられる人が世界にどれだけいるか分からない強烈な映画だ。

 

そういう、奥が深い役から『ロードオブザリング』のような演技もする中で、今回は一体どういう方向なのか、と彼の映画を観る時はいつも少し真剣に画面に向き合わなければならない。だが今回は少し、内容が渋すぎるかもしれない。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『ハンナ』レビュー(感想)と考察 『インベージョン』 レビュー(感想)と考察 『ゴーン・ガール』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS