Contents|目次

『レッド・ドラゴン』 レビュー(感想)と考察

『レッド・ドラゴン』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

『羊たちの沈黙』で登場するFBI捜査官クラリス・スターリングに出会う直前までを映像化していて、シリーズとしては『3』ということになる。だが、前作の前日譚だからまた全然違った角度からハンニバル・レクターを観ることができる。

 

順番としては、時系列的にこれを最初に観ても面白いかもしれない。とにかく前作がアカデミー賞受賞作品となっただけでなく、『ダークナイト、BTTF、タイタニック』に並んで、Twitterの映画アカウントで映画ファンが厳選した『映画TOP4』の一つに選ばれるほどの名作。

 

その奥行きが広がっていくことは単純に面白い。また、それだけじゃなくエドワードノートンとレイフファインズという主役級が怪演して、映画をとことん盛り上げていく。ハンニバルの力なしでも十分通用するサスペンス映画だ。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『ヤング≒アダルト』 レビュー(感想)と考察 『スパイキッズ』レビュー(感想)と考察 『愛は霧の彼方に』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS