Contents|目次

『キルトに綴る愛』 レビュー(感想)と考察

『キルトに綴る愛』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

年齢が比較的高いので、『熟女の恋愛話』のような方向に傾いてしまうと、範囲が狭くなってしまう。ウィノナ・ライダーが若さの鍵だが、彼女だけが目立つ映画ではない。だが、この映画の最後に全てを覆すセリフが用いられる。この先はネタバレが嫌な人は見ない方がいい。

 

『キルトは組み合わせが鍵。組み合わせが正しいと、美しさが高められて作品が映える。ルールな何もない。心の声に従い勇気を持つことだ』

 

なぜキルトが出てくるのか、なぜこのタイトルかがわからなかったが、これはこういうことを伝えたい映画だったのだ。美しいメッセージである。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』