Contents|目次

『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』 レビュー(感想)と考察

『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

『ヤァヤァ・シスターズ』ってなに?というのが本音。だが、個人の話に潜っていけば必ずそういうわけのわからない、本人たちだけが知る合言葉のようなものが存在する。この映画はそういう個人にスポットライトを当てている。極めて個人的で、そこにはプライバシーがある。意味は、

 

「個人や家庭内の私事・私生活。 個人の秘密。 また、それが他人から干渉・侵害を受けない権利。」

 

だ。まさにプライバシーという言葉の意味そのものが、この映画の肝になっている。問題なのはなぜそれを『秘密』にしているかだ。恐らく、そのわだかまりを解決することが、彼女たちの人間関係が円満になる為の鍵だ。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』