Contents|目次

『ペイバック』 レビュー(感想)と考察

『ペイバック』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

器用で実力のあるメルギブソンにしては、そこまで衝撃を与えてくれるような作品ではなかった。これであれば例えばドウェイン・ジョンソンの『ファースター 怒りの銃弾』の方が見応えがある。

 

復讐をするならあれくらいの復讐の鬼のようにし、なぜ復讐をしているかが分からないようにすれば、終始映画に引き込まれる。また、ミッキーロークの『ジョニーハンサム』のように、最後に哀愁があるわけでもない。

 

メルギブソンの場合、器用にやって最後は賢くトンズラする展開何かが似合う。『マーヴェリック』や『キックオーバー』何かがそうだ。あるいは、『陰謀のセオリー』のように、終始ミステリーが渦巻いているのもいい。それらの名作たちに比べれば、中途半端な作品である。

 

 

『この映画のジャンル』

復讐

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『グリーンブック』 レビュー(感想)と考察 『二百三高地』 レビュー(感想)と考察 『バレット』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS