Contents|目次

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』 レビュー(感想)と考察

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

この作品は2も3もあるのだが、タランティーノが脚本を務めるのはこれだけで、ジョージクルーニーといった名優が揃うのもこれだけだ。そしてこの作品とて、ある人から見たら(何だこの映画は)として、海外では映画館でそのまま席を立って帰らない人が続出するだろう。

 

だが、そうして続編が作られるくらい、『ある層』には受けるわけだ。オカルト好きだか、ゾンビ好きだか、私はというと全くその手の内容が嫌いだから、観てしまった以上、なるべく浪費にならないよう、良い部分を探した。あまりなかった。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』