Contents|目次

『ブリット』 レビュー(感想)と考察

『ブリット』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

2007年には「文化的・歴史的・芸術的にきわめて高い価値を持つ」とみなされ、アメリカ国立フィルム登録簿に登録され、『太陽にほえろ!』の製作の参考にもなり、映画に登場する最高のカーチェイスを選ぶ投票で1位に選ばれ、登場したフォード・マスタングGTが競売にかけられ、当オークション過去最高額の370万ドル(日本円で約4億円)で落札されたたという。

 

確かにスティーブ・マックイーン自体がプロのレースカー・ドライバーになることを目指したくらいだ。熱心なオートバイとレースカー狂で、映画の中で車を運転する機会があれば、彼は自身のスタントを行い、その中には今回のカーチェイスや、『大脱走』のオートバイチェイスもあった。

 

運転関係者と映画関係者からすれば釘付けだろうが、50年以上経ち、『太陽にほえろ』も一昔前の時代の話となり、映像技術が飛躍的に進化した今を生きる世代からすれば、単なる映画としてこれを観た時、関係者ほど戦慄が走る作品とはならないだろう。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』