Contents|目次

『ハンニバル・ライジング』 レビュー(感想)と考察

『ハンニバル・ライジング』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

『羊たちの沈黙』シリーズ4作目となる映画で、ハンニバル・レクターの幼少期から青年期にかけてを描いている、時間軸では1番目の作品なので、ここから見ても面白いかもしれない。正直、キャストが弱くてB級感が否めないのだが、ハンニバル・レクターの過去を見れる面白さが勝つ。

 

ここで2つの名言を見てみよう。

 

 

これを『インサイド・アウト』という。その逆で、環境や周りが人生のすべてを決めるという発想を『アウトサイド・イン』という。世の多くの人間が後者に支配されて人生を生きている。

 

では、彼の場合はどうか。『彼が幼少期に強いられた環境』は?あなたがもし同じ環境を強いられた時、それでもあなたは、そのアウトサイド(外部要因)に一切の影響も受けず、人生を生き貫けるだろうか。

 

 

『この映画のジャンル』

復讐、理不尽

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『ゾディアック』 レビュー(感想)と考察 『白い帽子の女』 レビュー(感想)と考察 『クォ・ヴァディス』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS