Contents|目次

『ドクター・ドリトル』 レビュー(感想)と考察

『ドクター・ドリトル』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ドクター・ドリトルと言えばエディマーフィという人も大勢いるほど、彼がコメディタッチで動物たちと触れ合う映画が印象的だ。この場合、『アベンジャーズ』以降のロバートダウニーJr.ということで注目を浴びたが、確かに『新しい一面』は切り開いたが、これがシリーズ化されたところで、彼のその後にあまり興味がわかない。

 

もとよりそういう事情もなく、ただこの世界観を現代の技術でもう一度展開したかったのかもしれないが、それだけじゃなく、ロバート・ダウニー・Jrのウェールズ語訛りの演技が特に批判されていて、日本人ではわかりずらい、英語の中の訛りにも問題があるという。だが、もしこの作品からこの世界に触れる人がいるなら、全く問題ないのではないだろうか。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『クラウン』 レビュー(感想)と考察 『敦煌』レビュー(感想)と考察 『ビューティフル・ボーイ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS