Contents|目次

『デンジャラス・ビューティー』 レビュー(感想)と考察

『デンジャラス・ビューティー』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

映画は例えば彼女で言えば『スピード』のように、シリアスで緊張感あふれるサスペンス調のものから、こういう映画のようにコメディ要素が強いものまでたくさんある。アメリカではその両方が受け入れやすく、ヒットしやすい。TOP100はスターウォーズやマーベル、ディズニー映画などが多いが、例えば100位あたりにある『カールじいさんの空飛ぶ家』の300億円クラスのコメディ映画はいくつかある。

 

200億円にまでなるともっとある。『デンジャラスビューティ』もそのうちの一つである。1位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が1000億円以上という数字だが、これは単純にアメリカが『映画の国』だから映画が人気なのか、と考えがちだが、確かにその要素もある。アメリカはどんなことでも映画にするからだ。

 

ニクソンの歴史的不祥事を描く『大統領の陰謀』から、ただのキャスターの不祥事を描く『スキャンダル』まで。すべてが映画になるくらい映画の国だから、皆、映画が大好きなエンタメの一つだという認識があるだろう。日本がトヨタ車やSONYといった世界規格の武器をある種誇りに思っているように、アメリカ人も映画に対し、ある種の誇りを持っているだろう。

 

スキャンダル の映画情報 - Yahoo!映画

 

だが、単純に人口が日本の3倍あるということも大きな理由の一つだろう。そうなると、日本では『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や『千と千尋の神隠し』が300億、400億円だから、その3倍は900~1200億円。大体アメリカのその売り上げと同じ数字になるのである。そう考えると、日本もアメリカも、映画の人気はほぼ変わらないことになる。

 

だが、順位の傾向は結構違うわけだ。日本では『デンジャラスビューティ』のような映画はあまり上位に来ない。では、つまらないのかというと、そういうことはない。『デンジャラスビューティ2』と合わせて、気軽に楽しめる、娯楽映画の一つである。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『ラブリーボーン』 レビュー(感想)と考察 『凶悪』 レビュー(感想)と考察 『ある貴婦人の肖像』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS