Contents|目次

『コブラ』 レビュー(感想)と考察

『コブラ』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

スタローンのこのゴリラに、シュワちゃんの『コブラ』。あいや、間違えた、反対だった。この二人は似ているし作品名も毛色も似ている。年代もピタリ、1986年である。ただその二つの内容が酷似しているということはない。両方ともハードボイルドではあるが、シュワちゃんファンだった私からしても、コブラの方が私は好きだ。単純に、ファッションが現代でも通用するからかもしれない。

 

90分程度で、続編がないことが悔やまれるほどの作りこまれた世界観だが、調べてみるとそう思わせる背景があったようだ。

 

この作品は、スタローン版『ダーティハリー』を目指して制作されたという。『ダーティハリー』で悪役の“スコルピオ”を演じたアンドリュー・ロビンソンが嫌味な警部補モンテ役として、同作でハリー・キャラハンの相棒を演じたレニ・サントーニがコブラの相棒役として、それぞれ出演している。こうしたこだわりが画面から伝わってきて、この作品にある種のカリスマ性を与えているのだろう。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『ザ・リング』レビュー(感想)と考察 『セル』 レビュー(感想)と考察 『ブルックリンの恋人たち』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS