Contents|目次

『アパルーサの決闘』 レビュー(感想)と考察

『アパルーサの決闘』

ポスター画像出典:『フィルマークス

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ヴィゴモーテンセンは渋い作品にも多く出るので、今回もその節がある。例えば、『約束の地』や『涙するまで生きる』、フロイトを演じた『危険なメソッド』も意外と渋かった。また、『アラトリステ』もそう言えばそうなる。アカデミー賞を獲ったが『グリーンブック』も、地味と言えば地味だ。だがあの方がまだ分かりやすい豪快さがあった。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』