Contents|目次

『SF超人ヘラクレス』 レビュー(感想)と考察

『SF超人ヘラクレス』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

アーノルド・シュワルツェネッガーの映画デビュー作であり、この時はまだ『アーノルド・ストロング』という名前で出演しているところが貴重である。この映画が人気になるとしたら、例えば日本の戦隊モノや仮面ライダーの『敵』のマニアがいるように、そうした部類の人たちからの人気ということになるだろう。

 

監督も含めたシュワちゃん以外のほぼ全員がwikipediaに詳細がなく赤字で表示されていることからも、限りなくB級に近い作品となる。ただ私は父親の影響でシュワちゃん映画を映画館に親子で見に行っていたほどだから、色々な思いでこの映画を見ることができた。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』