Contents|目次

『13日の金曜日』 レビュー(感想)と考察

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

『レビュー(感想)と考察』

3000本映画を観ているがホラー映画は観ない主義なので、トップホラーであるこれらの映画だけを観る。もし時間が無限であれば、ホラー映画もB級映画もすべて見尽くしただろう。映画が好きだからだ。

 

しかし、子供のころはジェイソンや13日の金曜日が怖かった。13日が金曜日の日は、それだけでどこか鳥肌が立ってしまうようなところがあった。それだけの存在感がジェイソンにはあるのだ。

 

1980年のこの映画にはケビンベーコンが出ていて、1984年の『エルム街の悪夢』にはジョニー・デップが出ている。その時には未来がわからずB級に落ちそうなホラー映画には、後にその世界に君臨する金の卵が出ていることがあるから、見逃せないところがある。