Contents|目次

『10ミニッツ』 レビュー(感想)と考察

『10ミニッツ』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ブルース・ウィリスが出ているだけの映画ということになる。大体こういう風に、大物がちょろっと出ているだけの映画はいくつかある。これでも『出ていることは確か』だから、これによって広告効果を得て、何とか作品を成立させるという魂胆だろう。そういう場合は大体、『少し旬が過ぎた俳優』が『本部隊とは離れた場所から指示』などして、大物は労力が少ないというシステムが採用される。

 

ニコラスケイジが借金を返すために作品を選ばずに出演しまくって、それですでに借金を完済していることから、そうした『赤字B級作品』に出ても、出演者にはきっちりギャラが入ることが確定している。

 

大物になれば、ちょっとでもかなりの額になるだろう。色々な事情がある。例えば今回の主役たちは、普段の映画で脇役を務めるような人が多く、だがそういう人でも役者たちからすれば役者仲間なわけだ。

 

『マチェーテ』がいい例だが、そういう人達が日の目を見る舞台を役者仲間である大物たちが揃えてあげたり、立ててあげる、という行動を取ることは、人間として予想できることである。

 

そうしたことも関係しているかもしれない。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『フォーカス』 レビュー(感想)と考察 『幸せの教室』 レビュー(感想)と考察 『ナイスガイズ!』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS