Contents|目次

『世界でいちばん不運で幸せな私』 レビュー(感想)と考察

『世界でいちばん不運で幸せな私』

ポスター画像出典:『Amazon

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

久しぶりに『超越』した映画に出会った。

 

「マズローの欲求5段階説とは?各欲求を満たす心理学的アプローチを用いたサービス事例【図あり】」の見出し画像

出典:『マズローの5段階欲求

 

超越というのは例えばこの『マズローの5段階欲求』の画像を見てイメージしてみよう。このマズローの話に特に厳密に合わせる必要はなくイメージでいい。例えば、『ブッダ(釈迦)』や『孔子』のような聖人たちをイメージすればいいのだ。彼らを見て、『自分たちと同じような人間』という風に解釈する人よりも、『彼らは自分たちとは別格にいる、神のような人間』と解釈している人の方が圧倒的に多いだろう。

 

彼らには『普通』の考え方は通用しない。例えばルソー

 

と言っているわけだ。彼以外の言葉も出してほしいならあと100は出すことができる。そのように、偉人クラスの人間になると、『普通とは逆の方向』に行ったりして、とにかく普通ではないわけだ。そうしたイメージで、『超越』とは『普通の人』が辿り着けないような考え方を持っている人のステージなのである。

 

家庭の在り方にしても、一夫一妻制が往々にしては普通だが、ある国ではいまだに一夫多妻制が存在している。何が確定した正義かどうかは不明確なのだ。そうした、超俯瞰的な視点と、超越的なステージを一度想像して、この映画に臨む必要がある。

 

この映画の評価が『★3』なのは当然だ。この評価は『普通の人たちがつけた評価の累計の平均』なのだから。超越したステージを理解していない人間なら、★の数を少なくするに決まっている。

ゲーテは言った。

 

偉人たちの言葉は、出揃っている。

 

Planet earth with realistic geography surface and orbital 3d cloud atmosphere

 

人生を熟考しなければならない。46億年だがそれくらい前に地球が誕生して、地球に生命が存在してからまだ40億年程度。人間が登場してからはどうだ。大した時間は経っていない。この後は?未来永劫人類は生き続ける?地球は?いつか消滅しないのか?タイムマシーンが発明されるならなぜ現代にその片鱗がない。

 

何がどうなるかは知らないが、もし、この人生が『恐竜と同じような運命』だったとしたらどうだろうか。いつか間違いなく生きていた。だが、いつか間違いなく絶滅する。そういう生命の運命を、その他の生命と等しく背負っている、ただの生命体の一つだったとしたらどうだろうか。

 

我々がこの人生で支配されていて、あるいはしがみついている一切のしがらみ(道徳、法律、ルール、社会制度といった一切の常識)は?何か、重んじる意味が、あるのだろうか?

 

Tyrannosaurus rex isolated black surface

 

もちろん、かといって銃を乱射した後に自殺するような生命の存在は、ぞんざいに見える。だが、この映画で彼女たちが最後に選択した道は、どこか『妙』だ。間違いなく、常識を破っていて、それによって何人かの人生が犠牲になってしまう。

 

だが、『それだけ』ということも言える。人生の中には、生まれてすぐに死んでしまうものもあれば、難病を患ってそれを一生背負っていく人もいる。この犠牲になった人たちは、そうした人達と比べてどうだろうか。

 

色々なことが頭を駆け巡る。彼女たちが最後にとった選択肢を断固として否定できる『生命』など、この世に存在するのだろうか。もしいたとしよう。だが往々にしてその人は、『普通の人』である。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『デッドプール』 レビュー(感想)と考察 『スカーフェイス』 レビュー(感想)と考察 『魅せられて』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS