Contents|目次

『Vフォー・ヴェンデッタ』 レビュー(感想)と考察

『Vフォー・ヴェンデッタ』

ポスター画像出典:『公式サイト

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

観る前に舞台設定を理解しておいた方がいい。

 

第三次世界大戦後。かつてのアメリカ合衆国が事実上崩壊し、独裁者アダム・サトラーによって全体主義国家と化したイングランド。

 

これが設定だ。これならまず初期設定として皆の頭の中に(うーむ。こなヒトラーみたいな帝国主義の形態がいいわけがないだろう・・)として、片隅に『誰かがテコ入れしなければ』という正義の最適化案が生まれる。

 

この初期設定があるとないとではこの映画の印象がまったく変わってしまう。ないと、『謎の仮面の男』の印象と相まって、何が何だかよく分からない感じになってしまい、途中で挫折しかねない。

 

またこの仮面だが、火薬陰謀事件の加担者として有名なガイ・フォークスの顔を様式化したものである。この事件は1605年11月5日にロンドンの国会議事堂を爆破してカトリックの国家元首を復活させようとするものだった。

 

Three illustrations in a horizontal alignment. The leftmost shows a woman praying, in a room. The rightmost shows a similar scene. The centre image shows a horizon filled with buildings, from across a river. The caption reads "Westminster". At the top of the image, "The Gunpowder Plot" begins a short description of the document's contents.

 

この事件の首謀者のガイ・フォークスの顔を、『Vフォー・ヴェンデッタ』が漫画と映画で重要アイテムとして用いているわけだ。また、2006年頃に英語圏の匿名掲示板「4chan」で結成された、インターネット上のハクティビスト(ハクティビズムと呼ばれるハッカー思想の実践者)が緩やかにつながった国際的な連携組織である『アノニマス』がこのマスクを使っていることでも有名だ。

 

Engraving

 

とにかく、何かを転覆させようとするとき、このマスクが使われるわけだ。『カトリックの国家元首の復活』というと妙に偏った印象があるが、『火薬陰謀事件』を紐解けば分かるように、この事件は、イングランド国教会の成立に伴う半世紀以上にわたるカトリック教徒への迫害を止めさせ、カトリック教徒の君主に挿げ替える企てであった。

 

Fawkes arrest2.jpg

 

イングランド国教会、つまり英国国教会はカトリックを迫害していたので、それをやめさせるためにやったことだ。カトリック云々というわけではなく、『越権行為をする巨大組織に立ち向かう』という意味で、この仮面はつけられるのだろう。

 

またこれは余談が、その英国国教会を作ったヘンリー8世と熱愛した愛人の『アン・ブーリン』を演じたのが、今回のヒロインであるナタリー・ポートマンであるのも面白い関連性だ。

 

ローマ法王から『カトリックの守護者』と称えられたヘンリー8世は、アン・ブーリンを愛するようになり、妻と離婚したかったが、カトリックでは離婚が認められなかった。そこでヘンリー8世は、ローマカトリックから分離し、『英国国教会(イギリス国教会)』を作ったのだ。

 

『太陽の沈まぬ帝国』スペインが沈んだ理由は?フェリペ2世VS『世界一有名な女王』とその裏にいた重要人物

 

とにかくこれは、一見すると良く分からないが、よく調べてみると中々奥行きがあって、その存在感も大きい無視できない映画となっている。

 

『この映画のジャンル』

テロ
復讐

 

『その他映画コンテンツ』