目次

『マイ・フェア・レディ』 レビュー(感想)と考察

『マイ・フェア・レディ』

ポスター画像出典:『Amazon

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

オードリー・ヘプバーンの代表作の一つであり、最大のヒット作という今作。私はミュージカルが得意ではないのに、その私に『名作』のしるしを付けさせる実力を持っている。

 

2016年に『マネキンチャレンジ』というマネキンのように動きを止める遊びが世界的に流行したが、その60年前の1964年のこの時代に、その先駆けのような奇抜で斬新な動きや振付が展開されている。

 

この時代独特の、『美女の相手がおっさん』という図式は違和感があるが、しかしそのおっさんの能力が高いことが事実。『七年目の浮気』に『パリの恋人』、どれも美女の相手がおっさんで、マリリン・モンローなどはそこに違和感を持っていたようだが、しかし逆に『若いだけで無能な俳優』がヘプバーンの相手ができるか定かではない。ヘプバーンは容姿だけではなく、才能にも溢れていた。

 

 

『この映画のジャンル』

ミュージカル

 

『その他映画コンテンツ』