Contents|目次

『ブルーラグーン』 レビュー(感想)と考察

『ブルーラグーン』

ポスター画像出典:『公式サイト

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

青い珊瑚礁』(1980年)の続編という位置づけで制作されているが、前作のストーリーと完全に連続しているわけではない。だが、前作と繋がっている部分も多くあるので前作が気に入った人なら、楽しめる要素が多い。前作は名作だったが、今回はどうか。結論は、今回も名作だ。

 

これは、一度我々が生きるこの世界を、哲学を学んだ後の頭で一通り考えた人間にしか見えない事実だが、キーワードとして重要なのは、

 

  • 孔子
  • 韓非子
  • 老子
  • 荘子
  • 化粧
  • 法律
  • 犯罪
  • 治安
  • 秩序

 

といったところである。勉強した人は、これらの共通点が根幹に『世界平和』だったり、『この世の在り方』があることに気が付くだろう。

 

例えば孔子は『そもそも為政者は必要ない』として、一人一人の主体性を訴えた。だが、韓非子は異を唱えた。人間は孔子の言うような高潔な存在ではない。『利己』に走り、損をすることを回避しようとする。それが人間の本性というものである。従って、法律によって刑罰を整えれば、人はそれを回避しようとして、犯罪を予防できる。法さえ完備していれば、国の秩序は保たれるとして、法の重要性を説いたのだ。

 

韓非子

 

韓非子

孔子の夢見る徳治で秩序が保てたらそれ以上のことはない。しかし世の中はそうではないのだ!荀子の言うように人間の本性は悪だから、これに合わせて現実政治を行わねばならない!

韓非子

孔子、孟子の言っていることは、古代の人口が少ない時代なら可能だったかもしれん!人口が増え、経済が盛んな時代にはそんなのは絵空事じゃ!

 

と主張したのである。更に、孔子の考え方に対立した者は、道教の創始者と言われる老子や、その教えを継いだ荘子である。儒教にある『人為』を否定し、『無為自然』を思想の根本に置いた。『天』に行きつく『道』を示したのだ。老子は『小国寡民』という考え方を主張した。

 

『小国寡民』とは、『小さい世界なら平和になるよ』ということ。韓非子同様の方向で、孔子の儒教と対立した。対立といっても『孔子の教え』では孔子が老子に教えを乞うシーンがあったりする。

 

さて、かなり奥行きが深くなってきた。確かにその考え方で見てみると、この島で過ごす平和な日々は、『小国寡民』の恩恵そのものである。だが、そこに治安を乱す外部の者がやってくるわけだ。そして、化粧などという『本来別になくてもいいもの』も、異性の気を引くという、ある種の自分本位な発想から誕生してしまうことになる。

私は以下の記事で、『化粧やネオンの存在』の存在意義について考察している。

 

『人生の免許』と『人が使うべき最強の自律ツール』とは

 

もう、この記事だけで一冊の本と同じボリュームなのだが、ここまで真剣に観た人は、冒頭で私が言った言葉があながち、『自分勝手に書けるブログ』という特性を生かした、偏っている単なる見栄や虚栄ではないことに気づいただろう。

 

アダムとイブではないだろう。だが、確かに最初人は、こうして原始的だった。そして部族化し、無知の状態で自由に生きて、思想も自由で『神話』が生まれたが、そのうち部族のグループの中で秩序を求め、『宗教』という統一ツールが生まれる。

 

そして、それに抗うように『哲学』が登場。部族はやがて国となり、人の野心が暴走して帝国主義が生まれる。アレクサンドロス三世カエサルナポレオンチンギス・カンヒトラー、そして現在で言えばプーチンがウクライナやクリミアにやったことがそれである。

 

つまり、最初は『可愛い化粧』だったかもしれない。だが、以下の記事に書いたスタジオジブリの『空飛ぶ機械』の話のように、

 

サルトル『我々はつねに自分自身に問わなければならない。もしみんながそうしたら、どんなことになるだろうと。』

 

悪気はなくても、人間のふとした欲望の顕在化の延長線上に何があるかを考えると、いささか、『青い珊瑚礁』も含めたこの原始的な人間の生活は、見て見ぬふりはできない。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』