Contents|目次

『フッド ザ・ビギニング』 レビュー(感想)と考察

『フッド ザ・ビギニング』

ポスター画像出典:『Amazon

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

第39回ゴールデンラズベリー賞において、最低作品賞、最低助演男優賞(ジェイミー・フォックス)、最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞の3部門でノミネートされたほどのチープさがまずある。だが、私も最初は映画館のCMでそういう気配を感じて映画館では観ず、動画で見たのだが、ハードルを下げていたからか、案外楽しめる作品だった。

 

正直、3D映画の流行に乗った、それ頼りの作品だと思っていたので心配していたが、実際には『ロビンフッド』の活躍を十分楽しめるテンポのいい映画だった。ケビンコスナー、ラッセルクロウと『ロビンフッド』を見たが、現代人が『弓の名手』と聞いて連想するのは、ゲームのキャラのように俊敏に無駄なく動く彼のような人物像ではないだろうか。元々ロビンフッドは伝説上の人物なんだし、こういう描き方があっても全然いい。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』