Contents|目次

『フールズ・ゴールドカリブ海に沈んだ恋の宝石』 レビュー(感想)と考察

『フールズ・ゴールドカリブ海に沈んだ恋の宝石』

ポスター画像出典:『Amazon

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

アドベンチャーもので、『カリブ海』、『スペイン財宝艦隊の財宝』など、かなり冒険心がある人の心をくすぐる要素が揃っている。だが、映画にするにしてはもう少し女優側が万人受けするような美女だった方が良かったかもしれない。

 

違う作品で息が合ったコンビということなのだが、一線を画すことはできない理由が確かに存在してしまっている。マシューマコノヒーの方は『サハラ』でもこれでも、海が似合う色男として絵になるが、どちらかというとあっちの方が、ペネロペクルスがパートナーだから絵になった。

 

映画は様々な要素が複雑に絡み合ってシナジーを起こし、ヒットにつながる。『ハムナプトラ』では2までレイチェル・ワイズがいいコンビをしてみせたが、3でマリア・ベロが演じて、やはり前作以上の面白味はなかった。

 

だが、興行収入自体はそう変化がなかったので、やはり映画は色々と複雑だ。『オズはじまりの戦い』なども賛否両論だったが、興行収入は成功した。今回の映画も単純に考えればヒットしそうなもので、アメリカでは2008年2月8日に公開され、初登場1位を記録し、130億円以上の売り上げを上げたが、『インディジョーンズ』や『パイレーツオブカリビアン』、『ハムナプトラ』のそれには及ばない出来となった。

 

これなら、美男美女が見れる『イントゥ・ザ・ブルー 』でジェシカアルバやポールウォーカーを観た方がいい、という印象でしか焼き付かないかもしれない。ただ、常に海が見れることもあって、夏の夜にこれを流せば絵になることは事実だ。皆こういう雰囲気は好きだ。

 

『この映画のジャンル』

アドベンチャー

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『JUNO/ジュノ』 レビュー(感想)と考察 『ピアノ・レッスン』 レビュー(感想)と考察 『オーロラの彼方へ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS