Contents|目次

『パフューム ある人殺しの物語』 レビュー(感想)と考察

『パフューム ある人殺しの物語』

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

かなりリアルな設定だから、つい『パフューム 映画 実話』と誰もが検索しているようだ。サジェストが存在している。原作はパトリック・ジュースキントの1985年の小説『香水 ある人殺しの物語』であり、実話ではない。だが、それくらい臨場感があるのだ。まるで、本当にそういう男がいたかのように描かれる。この映画がホラーと同じ恐怖レベルなのに単なるホラーじゃない理由は、

 

  1. 彼の生い立ちから描いている
  2. 脅かす音楽が鳴らない
  3. 彼は真剣そのものである

 

というところにある。私は『無駄』グロと言って、無駄という言葉を使うが、そういうものに触れるのは10代で終わっている。ただグロい映画を観る時間は無駄である。だが、こうやって『真剣に歪んだ人間を描く』なら無駄ではないのだ。彼はやむを得ずそう生まれて、やむを得ずそう育って、真剣にそれに従って生きただけに過ぎない。

 

やったことは許されない。もし自分の娘が同じ目に遭ったら彼を殺すかもしれない。だが、こういう人間の人生もあるということは、決して見て見ぬふりはできない。

 

製作費は5000万ユーロ(約6370万ドル)であり、最も高額なドイツ映画のひとつとなっているようで、映画の外観を定義するためにスタッフは、『スリーピー・ホロウ』、『アマデウス』、『オリバー・トウィスト』、『バリー・リンドン』、『フロム・ヘル』、『エレファント・マン』、『ドラキュラ』、『ジェヴォーダンの獣』、『ヴィドック』、『レ・ミゼラブル』などの時代劇を鑑賞したという。

 

たしかに私は関連映画に『エレファントマン』を挙げようとしていた。それはマイノリティという意味でだが、ここに挙げられている映画はすべてうなづける作品である。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』