Contents|目次

『ハーフネルソン』 レビュー(感想)と考察

『ハーフネルソン』

ポスター画像出典:『Amazon

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

世界全体の評価は低いが、評論家からの評価は高い。また、ライアン・ゴズリングはアカデミー主演男優賞にノミネートされている。確かに、彼の演技が忘れられないのでいい演技をしている。要は、私がこれを書いているのはラグがあるので、膨大な数の映画を思い出しながら、一度に1000作品ほど溜めていたものを思い出しながら書いているわけだが、(なんだっけこの映画)となるのもあるわけだ。

 

その中で、調べていくうちに思い出し、そして今回の場合はライアンゴズリングが麻薬に依存しているシーンなどを主にメインで思い出すのである。そうして人の薄れていく記憶に確実に爪痕を残す演技をしている彼のおかげで、この作品の存在感が出ている。更に私は、この映画を『観るべき映画』としてチェックを入れているのだ。蛍光ペンを引いていた。

 

1957年に公民権裁判があり、

1971年にアッティカ運動、

1977年に政治家のハーヴェイ・ミルクが暗殺、

 

そういうアメリカのちょっとした歴史に触れてもいて、色々と考えることが多い映画でもある。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『ジョニー・ハンサム』 レビュー(感想)と考察 『アメリ』レビュー(感想)と考察 『アメリカン・サイコ』レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS