Contents|目次

『明日に向かって撃て!』 レビュー(感想)と考察

『明日に向かって撃て!』

ポスター画像出典:『Filmarks映画情報

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

明日に向って撃て!』(あすにむかってうて、原題: Butch Cassidy and the Sundance Kid)は、1969年公開のアメリカ合衆国映画。実在の銀行強盗ブッチ・キャシディサンダンス・キッドに取材した西部劇

 

監督 ジョージ・ロイ・ヒル
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
製作 ジョン・フォアマン
製作総指揮 ポール・モナシュ
出演者 ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード
キャサリン・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドに取材した西部劇で『俺たちに明日はない』等のアメリカン・ニューシネマの代表作の一つ。そこではボニーとクライドという実在した強盗コンビが描かれるが、今回も実在した人物だ。だが時代は彼らよりも40年ほどまえの1890年の西部が舞台である。

 

当初はポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンが折半してゴールドマンから脚本を買い取り、ニューマンはサンダンス・キッド役で出演する予定だったが、その役は当時無名だったロバートレッドフォードが演じることになった。この時代の

 

  • ポールニューマン
  • ロバートレッドフォード
  • スティーブマックイーン

 

と言えば今では皆大物俳優だ。ロバートレッドフォードの若い頃はブラッドピットそっくりで、当時で言うところのディカプリオとブラピという二人の大物が共演した作品と言えるだろう。

 

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『哀愁・惜別』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』