目次

『チョコレート』 レビュー(感想)と考察

『チョコレート』

チョコレート』(Monster’s Ball)は、マーク・フォースター監督、ハル・ベリー主演の2001年アメリカ映画である。黒人女性と白人男性の交流と人種への偏見問題も孕んだ恋愛をシビアに描いたドラマである。

 

監督 マーク・フォースター
脚本 ミロ・アディカ
ウィル・ロコス
製作 リー・ダニエルズ
製作総指揮 マーク・ウルマン
マイケル・バーンズ
マイケル・パセオネック
出演者 ハル・ベリー
ビリー・ボブ・ソーントン
ヒース・レジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

邦題の「チョコレート」は、年配の白人男性と付き合う若い黒人女性の隠語を意味する。内容としてもそういう映画だ。だが、単純ではない。重要な人物が死んでしまう。女性にとってのそれは、囚人だった夫だ。男にとってのそれは、ネタバレになるからやめておこう。黒人差別が根深いこの男の父親の影響で、この男もそうなってしまっていた。だが、ある人物の影響でその考えを見つめなおそうと思うようになる。

 

アメリカ人に根付いたその差別発想を改めさせるものは一体何か。60年代などは白人を撃って『よくやった』と言われるほど、その闇は完全に彼らの心底にうずまいて晴れることはなかった。そして、そんな男がすぐに黒人女性と恋愛などできるのだろうか。

 

 

『この映画のジャンル』

 

『その他映画コンテンツ』