目次

『ブレイン・ゲーム』 レビュー(感想)と考察

『ブレイン・ゲーム』

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ブレイン・ゲーム』(原題:Solace)は、2015年に公開されたアメリカ合衆国スリラー映画である。

 

監督 アフォンソ・ポヤルト英語版
脚本 テッド・グリフィン
ショーン・ベイリー
製作 ボー・フリン英語版
トーマス・アウグスバーガー
トリップ・ヴィンソン英語版
マシアス・エムケ
クローディア・ブリュームフーバー
製作総指揮 ショーン・ベイリー
ジェイコブ・ペチェニック
ガード・シェパーズ
アンソニー・ホプキンス
出演者 アンソニー・ホプキンス
ジェフリー・ディーン・モーガン
アビー・コーニッシュ
コリン・ファレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

 

『レビュー(感想)と考察』

この手の超常現象的な話は私は全く興味がなく、批評家もこの映画を低く評価し、「『ブレイン・ゲーム』は才能溢れるキャスト陣と凝った設定を売りにしているが、使い古された文句と滑稽な捻りの間でダラダラと進むストーリーという欠点の方が目立っている。」としているというが、私がそのように彼らに言って欲しい映画は他にあり、実はこの映画から得る所は案外いくつもあった。

 

この映画を、ただ超常現象を引き起こす人というオカルト的な話にまとめてしまうと抵抗があるが、そうではなく、この映画全体で訴える哲学的な倫理観だけを見ると、案外考えさせられることになるのだ。それを考えるためには『トリアージ』という医療概念を知っておく必要がある。この優先順位に従って治療する患者の優先順位を決める、『選別(トリアージ)』をするのだ。これに関しての倫理は批判的な意見が常につきまとう。

 

トリアージ

出典:トリアージ(START法)|知っておきたい臨床で使う指標[9]

しかし、では、

『一人の医者しかおらず、二人の緊急の患者を診なくてはならなくて、一人は、どう考えても治療をしても命を落とすとわかっていて、もう一人の人なら重傷だが治療をすれば何とか一命をとりとめることが出来るかもしれない』

 

というとき、このトリアージによって『選別』することは、間違いなのだろうか。これは極めて難しい判断なのだ。どちらを取っても不正解だという空気が漂っている。ぜひこの映画をそういう視点を持って観て見たい。

 

 

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』