目次

『ザ・レポート』 レビュー(感想)と考察

『ザ・レポート』

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ザ・レポート』(原題:The Report)は2019年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。ブッシュ政権下でのCIAによる拷問と、次のオバマ政権下でのその調査を描く。

 

監督 スコット・Z・バーンズ
脚本 スコット・Z・バーンズ
製作 スコット・Z・バーンズ
ジェニファー・フォックス
ダニー・ガバイ
エディ・モレッティ
ケリー・オレント
スティーヴン・ソダーバーグ
マイケル・シュガー
製作総指揮 マイケル・ディ・ヴェルディ
ヴィンセント・ランディ
T・J・リノマト
リラ・ヤコブ
出演者 アダム・ドライヴァー
アネット・ベニング
マイケル・C・ホール
コリー・ストール
モーラ・ティアニー
ティム・ブレイク・ネルソン
テッド・レヴィン
ジョン・ハム

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

ブッシュ政権下でのCIAによる拷問と、次のオバマ政権下でのその調査を描く。911以降、臨戦態勢になって手段を択ばずに『前始末』に躍起になるのは分かるが、罪もない人間を逮捕したり、盗聴したり、行き過ぎた拷問をしたりと、アメリカはかなり荒れた手段を取り続けていた。ダニエル・J・ジョーンズはダイアン・ファインスタイン上院議員によってCIAの汚点を暴くために、600万ページを超える文書を調査し始める。

 

これは映画『ゼロダークサーティ』や『グアンタナモ』と一緒に観た方がいいだろう。そうすることでよりこの話の奥行きが理解できるようになる。それら全ては実話とされていることだから尚のことすごい。更に『バイス』ではブッシュ時代の黒幕ディック・チェイニー副大統領をクリスチャンベールが演じているが、それも併せて観たいところだ。

 

アメリカは、ケネディが63年に暗殺されてから、弟のロバートも暗殺。ニクソン大統領の時にはベトナム戦争が問題視され、『ペンタゴンペーパーズ』が、ウォーターゲート事件が起き、『大統領の陰謀』や『ザ・シークレットマン』が。同時期に活躍したFBIの創始者フーバーを描いた『J・エドガー』もそうだが、『華氏911』、『華氏119』等、絶えず要人たちの問題が映画化されてきている。

 

『スノーデン』もそうだ。このあたりは全てまとめて観るのがいいだろう。すべてが繋がっている。

 

 

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『善悪・正義』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』