目次

『何者』 レビュー(感想)と考察

『何者』

ポスター画像出典:『映画.com

 

何者』(なにもの)は朝井リョウの小説。2012年11月30日に、新潮社より書き下ろしで発刊。第148回直木三十五賞受賞作。

 

監督 三浦大輔
脚本 三浦大輔
原作 朝井リョウ『何者』
製作 市川南
畠中達郎
中村理一郎
弓矢政法
市村友一
高橋誠
吉川英作
坂本健
荒波修
川村元気(企画・プロデュース)
製作総指揮 山内章弘
出演者 佐藤健
有村架純
二階堂ふみ
菅田将暉
岡田将生
山田孝之

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

第148回直木三十五賞受賞作の朝井リョウの小説を映画化。SNSが完全に蔓延した2010年以降の人生を生きる人達に突き刺さるありふれた日常を切り取る。私は以前このサイトで、ワンピースの名言を内省した時に、こういう記事を書いている。

 

そこに書いたのはこうだ。

 

目の前で子供がトラックに轢かれそうになったのを見た時、『強者』は、自分の支配下の人間に助けさせて、手柄だけ取る。『臆病者』は、見て見ぬふりをして、”生きながらえる”。そして『勇者』は、自分の命を顧みず、自分の命を使い切ろうとする。あなたは一体この人生で、『何者』になりたいのか。

 

byシェークスピア

 

だから色々とこの言葉には興味があった。さて、今回の作品と一体どういう繋がりがあるだろうか。

 

『この映画のジャンル』

 

『その他映画コンテンツ』