Contents|目次

『深夜の告白』 レビュー(感想)と考察

『深夜の告白』

ポスター画像出典:『ウィキペディア(Wikipedia)

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

深夜の告白』(しんやのこくはく、原題: Double Indemnity)は、ビリー・ワイルダー監督のアメリカ合衆国の映画(1944年パラマウント社作品。モノクロ)。日本では1953年に公開された。フィルム・ノワールの古典として現在でも高く評価される。不倫による生命保険殺人を取り上げた倒叙型サスペンスの先駆であり、その後の多くの映画・テレビドラマに影響を与えた。

 

監督 ビリー・ワイルダー
脚本 レイモンド・チャンドラー
ビリー・ワイルダー
原作 ジェームズ・M・ケイン
『倍額保険(殺人保険)』
製作 ジョセフ・シストロム[1]
製作総指揮 バディ・G・デシルヴァ[1]
出演者 バーバラ・スタンウィック
フレッド・マクマレイ
エドワード・G・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1944年の映画にしてはかなりよくできていると言える作品だ。ここまで古いと正直何もかもが低クオリティに見えてしまうが、そういうことを考えてもなかなか見応えのある映画である。いつの時代も、金と女には注意が必要だ。なぜか。それはそもそも、男が金と女を過小評価してしまうからである。自業自得というものだ。例えば相手がマフィアの大ボスであれば、安易に近づくだろうか。近づかないのなら、人は差別している。だからそれらをきちんと正当評価している人間には当てはまらないのである。

 

では万人はどうか。その意味で、多くの人の背筋を凍らせることになるだろう。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『Dolls』 レビュー(感想)と考察 『ベスト・バディ』 レビュー(感想)と考察 『ジャスティス』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS