目次

『告白』 レビュー(感想)と考察

『告白』

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

告白』(こくはく)は、2010年日本映画湊かなえによる同名のベストセラー小説映画化作品である。

 

監督 中島哲也
脚本 中島哲也
原作 湊かなえ
製作 島谷能成
百武弘二 ほか
製作総指揮 市川南
出演者 松たか子
岡田将生
木村佳乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

話題になっていたので、いつか見てみようと思っていてついにこのタイミングで鑑賞。内容が少年犯罪や家庭内暴力、イジメなど、過激な内容や描写で映倫からR15+指定を受けたため、キャストには15歳未満の者も多くおり、該当者は公開後自分が出演した本作を見ることができなかったという。だが、それだけ攻めている内容だから競争優位性を生んでいる。松たか子というキャスティングもいい。彼女の持つパブリックイメージがあってこそのこの展開だ。もちろん、今の言葉の意味は鑑賞しなければわからない。恐らく『違う』だろう。

 

ただ、湊かなえというのは少々偏りがあるように見える。『Nのために』も似ているが、彼女の言葉、

『道を踏み外して、その後更生した人よりも、もともと道を踏み外すようなことをしなかった人の方がえらいに決まっています。』

 

というのは本気で言っているような印象がある。作品を通して彼女は、道を踏み外した人に対して何か特別な思いがあるのか疑ってしまうのである。だが、内容は面白い。私もこうして記事を書いているくらいで、このサイトにある偉人500人の8000の言葉の中に、彼女は選ばれている。それは、私が読んだり観たりして『面白いものを書く人』と認識するからに他ならない。

 

 

『この映画のジャンル』

『復讐・敵討ち』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』