目次

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』 レビュー(感想)と考察

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

チャーリー・セズ/マンソンの女たち』(チャーリーセズ マンソンのおんなたち、Charlie Says)は、2018年アメリカ合衆国犯罪映画。監督はメアリー・ハロン、出演はハンナ・マリーソシー・ベーコンなど。

 

監督 メアリー・ハロン
脚本 グィネヴィア・ターナー
原作 エド・サンダース英語版
『ファミリー:シャロン・テート殺人事件』
製作 シンディ・ライス
ジェレミー・M・ローゼン
ジョン・フランク・ローゼンバウム
製作総指揮 デイナ・ゲリン
マイケル・ゲリン
エド・サンダース
デヴィッド・ヒラリー
出演者 ハンナ・マリー
ソシー・ベーコン
マリアンヌ・レンドン英語版
マット・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1969年に女優シャロン・テート殺害などの無差別連続殺人事件を起こしたカルト集団、チャールズ・マンソン・ファミリーの主要女性メンバーを描いた実話だ。『ワンハリ』で有名になったその事件の真相が気になる人も多いだろう。私もその一人だ。だが、この映画の評価が低く設定されていた。それは勘違いをしている。

 

それは彼らが『したこと』が認められないのであって、フィクションじゃないんだから価値がある『資料』だ。ワンハリで気になった人の為にもいいし、人が『生きるべき道』を見誤らないためにも存在価値がある。イージーライダーとも同じ時代だし、ベトナム戦争という理不尽なうねりのせいで、 ヒッピー(マリファナ、自由、自然意識) などが生み出された60年代のアメリカの歴史としても、注目に値する。

 

哲学を学んだ者からしたら、フロイトや各哲学者の哲学の『独自解釈』をする人間、哲学を信じて突き進む人間の貴重な姿を観ることができる。 例えばソクラテスの遠い弟子にあたるディオゲネスは、コクリコ坂からでも名前が出てくるが、道ばたで公然と自慰行為をして、

「擦るだけで満足できて、しかも金もかからない。こんなによいことは他にない。食欲もこんなふうに簡単に満たされたらよいのに」

 

と言った。 想像するとまずい。樽に住んでるし。だが、世界の哲学者とはそういう『自由発想』をするのが基本。 勿論彼らはそれを『援用(自分の私利私欲を正当化するために利用)』しただけだから、 (ふむ。これは哲学の曲解かつ援用だな)として、どちらにせよ『人間の勉強』になるのだ。だからこうした『逸れた人間の姿』は貴重な資料だ。したがって☆2ではない。

 

観ていくと彼女らに影響を与えたのが

 

  1. ベトナム戦争
  2. ヒッピー文化
  3. 月面着陸

 

という事実が見えてくる。セリフにはこうあった。

『1969年(事件を起こした時)、誰もが宇宙レベルで変化があると思っていた』

 

確かに月面着陸は1969年だった。(1969年7月20日午後4時17分) シャロンテートが殺されたのは1969年の8月9日だから、この歴史的変化に心を『持ってかれた』心の弱い人たちが多かったというのはうなづける話。 これも更に付け加える話がある。

 

この8年前の1961年にガガーリンが世界最初の宇宙飛行を成功させた。宇宙から帰還したガガーリンの歓迎パーティにロシア正教のモスクワ総主教アレクシー1世が列席しており、ガガーリンに尋ねた。

 

  • 総主教『宇宙を飛んでいたとき、神の姿を見ただろうか。』
  • ガガーリン『見えませんでした。』
  • 総主教『わが息子よ、神の姿が見えなかったことは自分の胸だけに収めておくように。。』

 

つまり、ガガーリンやアームストロングらがやった偉業は、この世界で権力を握る宗教関係者を含んだ、膨大な数の人間に心的影響を与えた。 この映画を『グロい』と言ってた人がいたけどそんな描写はなく、むしろ配慮されていた。オウム真理教の一連の事件にも共通していることが多く、『洗脳』される人間の心理を見るにも、貴重な資料だ。 したがって、★2ではない。 とても貴重な資料だ。

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『狂気』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『精神・脳内』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』