目次

『人生はシネマティック!』 レビュー(感想)と考察

『人生はシネマティック!』

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

人生はシネマティック!』(じんせいはシネマティック、原題:Their Finest)は、2016年イギリスロマンティック・コメディ映画。監督はロネ・シェルフィグ、主演はジェマ・アータートンサム・クラフリンが務めた。本作はリサ・エヴァンス英語版2009年に上梓した小説『Their Finest Hour and a Half』を原作としている。

 

監督 ロネ・シェルフィグ
脚本 ギャビー・チャッペ
原作 リサ・エヴァンス英語版
Their Finest Hour and a Half
製作 アマンダ・ポージー英語版
スティーヴン・ウーリー英語版
エリザベス・カールセン英語版
出演者 ジェマ・アータートン
サム・クラフリン
ビル・ナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1940年のロンドン。ちょうどその時、ドイツ軍がフランスに攻め入る『ダンケルクの戦い』が勃発していた。したがって、クリストファーノーランの映画『ダンケルク』と合わせて観ると舞台背景がより見えてくるだろう。プロパガンダ映画、つまりイギリス政府が映画によってダメージを負ったイギリスの士気を上げる為に、映画製作を始めるという物語だ。

 

『チャンスをものにしないことは、死に生を支配される証だ』

 

非常に重みのある言葉を見ることができた。

 

 

 

『この映画のジャンル』

 

『その他映画コンテンツ』