Contents|目次

『素晴らしきかな、人生』 レビュー(感想)と考察

『素晴らしきかな、人生』

ポスター画像出典:『GYAO!

 

素晴らしきかな、人生』(すばらしきかなじんせい、Collateral Beauty)は、2016年アメリカ合衆国で公開のドラマ映画である。

 

監督 デヴィッド・フランケル
脚本 アラン・ローブ英語版
製作 バード・ドロス
マイケル・シュガー英語版
アラン・ローブ
アンソニー・ブレグマン
ケヴィン・フレイクス
製作総指揮 トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
マイケル・ベダーマン
アンクル・ルングタ
ピーター・クロン
スティーヴン・パール
ブルース・バーマン
出演者 ウィル・スミス
エドワード・ノートン
キーラ・ナイトレイ
マイケル・ペーニャ
ナオミ・ハリス
ジェイコブ・ラティモア英語版
ケイト・ウィンスレット
ヘレン・ミレン

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

名作『素晴らしき哉、人生』と比べて、評価の低い映画だ。興行的にはウィル・スミス主演作品としては最低の記録となった作品になったようだが、それもそのはず、時間が90分と短いし、本腰感がない。本当に力を入れたものじゃなければ人々の気持ちを動かすことはできないのだ。例えば『インターステラー』は、まだ私が別にクリストファーノーランを何となくとしか評価してなく、宇宙もどうでもいいと思っていたし、マシューマコノヒーに対しても(誰やねんこいつ、何か I’m coming backの言い方も腹立つな・・)と思っていたほどだ。

 

だが、そういう私を圧倒させた。それがこの映画の実力である。ブラックホールを初めて可視化することに成功したこともさることながら、入念にシナリオを練りこみ、細部まで計算されて作りこんでいることがよくわかった。とんでもない映画に出会ってしまったと感じたものである。

 

それに比べ、これはその『素晴らしき哉、人生』との関連性もよくわからないし、時間は短い。主人公が誰かも明確ではない。大物が多いが、大物が多すぎて誰にフォーカスすればいいか分からないし、90分という時間ならたった一人に集中した方が感情移入する時間を稼げたはずだ。

 

だが、駄作というわけでもないだろう。彼と同じような状況にある人からすれば、彼の気持ちはよくわかるだろうし、得られるものがあるのではないだろうか。

 

 

 

『この映画のジャンル』

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『隣人は静かに笑う』 レビュー(感想)と考察 『キャロル』 レビュー(感想)と考察 『青い珊瑚礁』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS