名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

トルストイ 名言/格言(4ページ目)

 

 

『人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである。』

 

カテゴリー:成功/幸福

イギリスの探検家、ラポックは言った。『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。』

>>続きを見る

 

『悔恨がないのは、前進がないからである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

確かに、『反省をしない人』を思い浮かべた時『タモリ』が浮かんだわけだが、彼のモットーは『前進』ではなく『現状維持』だった。

>>続きを見る

 

『謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。』

 

カテゴリー:知性/知恵

それは、人間が愚かな生き物だからである。この話を、幼少期に聞いたのなら、素直に(そうか)と受け止めるだろう。しかし、それはまだ『人間の愚かしさ』を理解していないからだ。

>>続きを見る

 

『わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。』

 

カテゴリー:成功/幸福

インドの詩人、タゴールは言った。『人生航路は大きな川の流れによく似ている。その急激な流れの力によって、今まで流れたことのない、新しく、予想もしなかった水路が開かれてゆく。』これらを考えたとき、見えて来るのは『本道(だと思っていた道)』である。

>>続きを見る

 

『強い人々は、いつも気取らない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

気取る人間は、気取らなければならないと思い込んでいる人間だ。例えば『見栄』とは、『実際以上に良く見せようとする人間の心』のことだが、それは『背伸び』そのものであり、170cmの人が背伸びして175cmに見せる行為そのもの。

>>続きを見る

 

『孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『孤独の状況で、人は初めて真の自分を知る』のだ。ニーチェは言った。『孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。』

>>続きを見る

 

『愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

まずはいい話だ。それをストレートに受け止めたい。そしてその後に掘り下げて考えるなら、まず以下の事が頭をよぎることになる。

>>続きを見る

 

『自分をその人より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。また、その人を自分より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。そうした時、人と生きるのがたやすくなる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし、それぞれがそう思うことをやめられないからこそ、この世から不和、確執、軋轢、衝突、対立、戦争が無くならないのである。

>>続きを見る

 

『もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

リンカーンは言った。『もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう』私がそこに書いたのはこうだ。

>>続きを見る

 

『額に汗して営々と働かなければ、健康な肉体はあり得ない。また健康な思想も頭脳に沸き得ない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

これはぜひとも、トルストイの以下の言葉と併せて考えたい言葉だ。『神は人間に額に汗して働けと命じている。銀行に金を積んで、何もしないで食べていこうとするのは人間の掟に反することだ。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP