名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

トルストイ 名言/格言(2ページ目)

 

 

『金のないのは悲しいことだ。だが、あり余っているのはその二倍も悲しいことだ。』

 

カテゴリー:お金/資産

なぜなら、金に人生を支配されているからだ。それに天国に金は持っていけない。だからそこにある執着は、人としてとても醜い。

>>続きを見る

 

『死への準備をするということは、良い人生を送るということである。良い人生ほど、死への恐怖は少なく、安らかな死を迎える。崇高なる行いをやり抜いた人には、もはや死は無いのである。』

 

カテゴリー:人生/生死

手塚治虫はこう言い、『人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬ時にそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。』

>>続きを見る

 

『人間が幸福であるために避けることのできない条件は勤労である。』

 

カテゴリー:成功/幸福

福沢諭吉は言った。『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』トルストイのこの言葉の意味を理解する為には、

>>続きを見る

 

『人間は、すべての可能性を自分の内に備えている。』

 

カテゴリー:自己/精神

だからゲーテも、『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』と言っていて、フランスの哲学者、パスカルもこう言っていて、『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』

>>続きを見る

 

『人生の意義を探し求めようとしない者がいるならば、その人間は生きながら死んでいるのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

生きながら死ぬ。そんなことがあり得るだろうか。答えは『Yes』である。 例えば、まずルソーのこの言葉を考えてみる。『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

>>続きを見る

 

『敵はいるであろう。しかし、彼らのために苦しまないようにしなければならない。敵がいることが「苦痛でない」だけでなく、むしろ「喜びである」ように行動しなければならない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

その為に理解することは、たった一つのことで良い。本当に簡単なことだ。それを理解すればいいだけ。

>>続きを見る

 

『芸術は技芸ではなく、それは、芸術家が体験した感情の伝達である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

確かに、あらゆる芸術家、アーティスト、クリエーターたちを見ると、トルストイの言う言葉がピタリと当てはまる印象を受ける。

>>続きを見る

 

『人間が死んだり、金銭を失ったり、家がないとか、財産がないとかいうことが、哀れなのではない。なぜなら、これらすべてのものは、人間にもともと備わっているものではないからだ。人間は、自分の本来の財産、最高の財産、すなわち「愛するという才能」を失った』

 

カテゴリー:知性/知恵

トルストイはこうも言った。『金のないのは悲しいことだ。だが、あり余っているのはその二倍も悲しいことだ。』

>>続きを見る

 

『過去も未来も存在せず、あるのは現在という瞬間だけだ。』

 

カテゴリー:時間/運命

『存在』という概念への正確な理解が求められる話である。しかし、過ぎ去っておぼろげになった過去や、まだ見ぬおぼろげな未来が存在せず、ただ、この瞬間という現在だけが存在しているということになるのであれば、もう、次の瞬間にはさっき存在していたものは消滅していることになる。

>>続きを見る

 

『死ぬとき人間はひとりである。』

 

カテゴリー:人生/生死

田山花袋はこう言い、『人間元来一人で生まれて一人で死んでいくのである。大勢の中に混じっていたからって孤独になるのは、わかりきったことだ。』ヘルマン・ヘッセは言う。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP