名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

高橋是清 名言/格言

高橋是清

 

高橋是清とは(画像

日本政治家。生誕1854年。高橋是清は、幕末時代に武士として、明治~昭和初期にかけては政治家として活躍した人物です。大正時代の1921年~22年には総理大臣を務めています。1854年9月19日に現在の東京都港区で生まれましたが、間もなく仙台藩の高橋覚治の養子になりました。10代の頃には横浜のヘボン塾で学び、1867年には勝海舟の息子の小鹿とともに海外へ留学します。翌年帰国して、数年後に森有礼のすすめで文部省へ入省しました。

 

日露戦争の際には日銀副総裁として活躍し、1911年には総裁になり、その後は大蔵大臣を幾度か経て第20代総理大臣に任命されました。「どんな失敗をしても窮地に陥っても、自分にはいつか強い運が向いてくるものだと気楽に構え、前向きに努力した」など数々の名言を残しており、1936年2月26日にこの世を去りました。

 

 

スポンサーリンク

 

高橋是清の言葉

 

『どんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつか強い運が向いてくるものだと気楽に構え、前向きに努力した。』

 

カテゴリー:人生/生死

昭和恐慌に苦しむ日本経済を再建させた高橋是清は、奴隷として売買される経歴も持つ。のちの東大となる大学南校で教鞭をとることもあれば、芸者の三味線を運ぶ持ち屋にまでおちぶれることもあった。

>>続きを見る

 

『授かった仕事が何であろうと、常にそれに満足して一生懸命にやるなら衣食は足りる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

自分の人生に不満を言うことも出来るが、満足を言うことも出来る。小説家、井上靖はこう言い、

>>続きを見る

 

『栄枯盛衰は、人生の常である。順境はいつまでも続くものではなく、逆境も心の持ちよう一つで、これを転じて順境たらしめることもできる。』

 

カテゴリー:人生/生死

境遇の順境は、心構え一つでどうにでも変化するものである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP