名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

坂口安吾 名言/格言

坂口安吾

 

坂口安吾とは(画像

日本作家。坂口安吾は、日本の小説家・評論家で、純文学だけでなく歴史小説や推理小説など、さまざまなジャンルの作品を残しています。終戦直後に発表された『堕落論』や『白痴』により大きく評価されて、確固たる地位を築きました。1906年10月20日生まれで1955年2月17日に、48歳で没しました。高く評価されている反面、未完の長編や失敗作も多く、決して器用ではない作家だったというところも魅力の一つとしてあげられています。

 

彼の残した名言として「人間は生きることが全部である。死ねば全てなくなる。」というものや「人間の尊さというのは、自分を苦しめるところにある。」があります。達観した物言いですが、ある種の悩みを抱えたことがあるからこそという印象を受けます。

 

 

スポンサーリンク

 

坂口安吾の言葉

 

『人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。』

 

カテゴリー:人生/生死

不良少年として明け暮れたかつての坂口は、世間から落第者の烙印を押されたが、当時から心は屈していなかった。『余は偉大なる落伍者となっていつの日か歴史の中によみがえるであろう』坂口は、追い出された中学校の机の裏にこう彫り、そして自分の人生で、それを実証して見せたのである。

>>続きを見る

 

『人間の尊さは自分を苦しめるところにあるのさ。満足はだれでも好むよ。けだものでもね。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば仏教の開祖釈迦は、ブッダになる前、欲望という欲望を堪能していた。クシャトリヤ(王族)であり、一国の王子でもあった釈迦はしかし、(このままでいいのか)と思い立ち、29歳で妻と子を置いて家を出た。

>>続きを見る

 

『すぐれた魂ほど、大きく悩む。』

 

カテゴリー:自己/精神

坂口安吾はこうも言い、『人間の尊さは自分を苦しめるところにあるのさ。満足はだれでも好むよ。けだものでもね。』ショーペン・ハウエルもこう言う。『孤独は優れた精神の持ち主の運命である。』

>>続きを見る

 

『人は正しく堕ちる道を、堕ちきることが必要なのだ。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

ニーチェは言った。『孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。』ノルウェーの探検家、ナンセンも、

>>続きを見る

 

『人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外に、人間を救う便利な近道はない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人は生きれば、失敗をする。失敗しない人間などいない。そこから学ぶのが人間だ。映画『猿の惑星』を観た時の話だ。

>>続きを見る

 

『悲しみ、苦しみは、人生の花だ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『いや違う』。そう言いたくなるのは、人生をポジティブに生きる人だ。『喜び、感動』。それの方が花っぽいだろう、と。

>>続きを見る

 

『絶望は、愚か者の結論である。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人は生きれば、失敗をする。失敗しない人間などいない。そこから学ぶのが人間だ。映画『猿の惑星』を観た時の話だ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP