名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

パスカル 名言/格言(2ページ目)

 

 

『多くの宗教家が互いに相反しているのをみる。だから、ひとつを除いて、他はみな虚偽である。どの宗教も、それ自身の権威に基づいて信じられることを欲し、不信仰者をおびやかす。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

このイエス・キリストだけは『人間』なのか『神の生まれ変わり』なのか、史実では証明できないという。ただ、一つだけ言えることは、そのどちらだと断言しても傷つく人がいるということである。

>>続きを見る

 

『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

 

カテゴリー:自己/精神

ドストエフスキーは言った。『人は思想をとらえようが、思想はつねに人間よりも現実的である。』ここにも書いたが、人間はどうも『理性』とか『意志』というものとは別に、もう一つの人格というか、本性のような物を兼ね備えている様である。

>>続きを見る

 

『思考が人間の偉大さをなす。』

 

カテゴリー:自己/精神

人の『偉大』、『偉大じゃない』を決めるのは当然『思考』である。そうじゃなく、例えば人間に『意志』がなく、『脳』がなければ、そこにあるのは単なる肉体の塊であり、似たり寄ったりの無機質な物体である。

>>続きを見る

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

カテゴリー:時間/運命

小説家、太宰治は言った。『大人とは、裏切られた青年の姿である。』パスカルの言葉と併せて考えると、やはりそこに見えるのは『人は変わる』というイメージである。

>>続きを見る

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかしキング牧師は、『真の平和とは、単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである。』と言っているわけで、

>>続きを見る

 

『知恵は知識にまさる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

これはもうピタリ、ルターの、『いくら知恵があっても、これを使う勇気がなければ何の役にも立たないように、いくら信仰が厚くても、希望がなければ何の価値もない。』

>>続きを見る

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

神が存在するということは、どうしても首をかしげざるを得ない。『存在する』という概念が、認知しているそれと噛み合わないのだ。

>>続きを見る

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『信仰』はそうだ。しかし、『神を感じる』のは『理性』でも出来る。パスカルが言っているのは、『存在する神』であり、私が言っているのは『神=真理=愛』の方である。

>>続きを見る

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ガリレオはこう言い、『自然はわれわれの知性にとっては限りなく驚嘆すべきことを、最高度の容易さと単純さとで行なっている。』ニーチェは言った。

>>続きを見る

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし、法律がなければこの世は更に混沌と化すのだから、ひとまず法律の存在は、有意義なのである。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP