名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ニーチェ 名言/格言(2ページ目)

 

 

『論理は完全な虚構の見本である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。我々は実際の出来事を思考においていわば簡略化装置で濾過するように、この虚構を図式化することによって記論理的プロセスとして伝達および認識可能なものとする。』

>>続きを見る

 

『私は自分がショーペンハウアーを正しく理解したなどとは思わない。そうではなく、ショーペンハウアーを通して自分自身を少しばかりよりよく理解することを学んだに過ぎない。』

 

カテゴリー:自己/精神

仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、このニーチェ以外にも、フロイト、アインシュタイン、ユング、トルストイ等、様々な偉人に影響を与えたショーペン・ハウエル。

>>続きを見る

 

『人間は赤い頬をした動物である。なぜ赤い頬になったのか。あまりにもしばしば自分を恥じねばならなかったからである。人間は時折、自分を恥じねばならぬ動物である。』

 

カテゴリー:自己/精神

恥をかく。恥を覚える。恥ずかしくなる。真っ赤になる。私はこういうことは、なるべく避けたいと思って生きている。『プライド』が高いのだ。だからそれは避けたい。プライドが許さないからだ。

>>続きを見る

 

『儀式、官職や位階による服装、厳粛な面持ち、荘重な目つき、ゆっくりした歩き方、もってまわった話し方など、およそ威厳と呼ばれるすべてのものは、実は恐怖心を抱いている者たちの偽装である。』

 

カテゴリー:自己/精神

本当に自信がある人は、わざわざそんなことをしてまで、アドバンテージ(有利性)の確保に躍起にならないからだ。

>>続きを見る

 

『常にいつも、汝自身であれ。汝自身の教師、彫刻家であれ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『自己啓発』とは、自分を内省し、自己をより高い境地へと昇華させること。それはまるでニーチェの言う通り、自己の彫刻に他ならない。

>>続きを見る

 

『病気であることは教訓に富んでいる。健康であることよりも教えるところが多い。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『自分が病気だと知った人は医者にかかるが、病気に気づかず健康だと思い込んで、 病んでいることを知らない人は医者に行かない。』

>>続きを見る

 

『我々は自分の趣味に合うものを褒める。つまり、我々が何かを褒めるとき、自分の趣味を褒めているのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分の生き様と思想の、美化、正当化の為、我々は、異なった人の思想と生き様を揶揄し、同系統の思想と生き様を、称賛する。

>>続きを見る

 

『偉大さとは、方向を与えることだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

どんな河も自分自身によって大きく豊かなのではなく、多くの支流を受け入れて進むことによってそうなるのである。あらゆる偉大なる精神についても同じことがいえる。肝心なのは、のちに多くの支流が辿ることになる方向を示すことである。』

>>続きを見る

 

『愚者は良い暮らしを得ても、それよりもっと良い暮らしを求める。』

 

カテゴリー:知性/知恵

とかく人は、ショーペン・ハウエルがこう言うように、『富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる。』欲すれば欲するほど、渇きを訴えるものである。

>>続きを見る

 

『ものごとを完成させるには、才能や技量よりも時間による成熟を信じながら絶えず進んでいくという気質が、決定的な役割を果たす。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

才能や技量よりも時間による成熟を信じながら絶えず進んでいくということについてまず考えたいのは、10年ルール、1万時間の法則、 クリティカルマス、 量質変化。についてである。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP