名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ニーチェ 名言/格言(12ページ目)

 

 

『ある程度までのところ、所有が人間をいっそう独立的に自由にするが、一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となる。』

 

カテゴリー:自己/精神

つまりこういうことだ。ショーペン・ハウエルは言った。

>>続きを見る

 

『いい手本を示そうとする者は、自分の徳に微量の馬鹿げたところを添えなくてはならぬ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『鈍感力』ということだ。『何か放っておけない』というか、『力になってあげたい』という風に思わせるのが、その力のことだ。あまりにも隙がなさすぎると、協調性が取れない。

>>続きを見る

 

『一段深く考える人は、自分がどんな行動をしどんな判断をしようと、いつも間違っているということを知っている。』

 

カテゴリー:自己/精神

ということをわきまえているからだ。その様な事実を真正面から受け止めることが出来る人間のことを、『一段深く考える人間』と呼ぶのである。

>>続きを見る

 

『愛されたいという要求は、自惚れの最たるものである。』

 

カテゴリー:自己/精神

中には、『愛されて当然』的なことを考える人間もいる。そういう人間はわかりやすく、自惚れているのがわかる。

>>続きを見る

 

『真実の追求は、誰かが以前に信じていた全ての“真実”の疑いから始まる。』

 

カテゴリー:自己/精神

そういう主体性がなければ、『真実の追及』ということにはならない。『現存する真実への同調』とか、『追従』ということになってしまう。

>>続きを見る

 

『自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。』

 

カテゴリー:自己/精神

確かに、私の周りにいる自己侮蔑をしている人間が、かつて言った『好みの女性』は、往々にして『引っ張ってくれる勝気な人』という女性像だった。

>>続きを見る

 

『高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

いや、高い場所へ登るとき、その様な手段を使っても目的は達成できる。それに、『足』がない人間はどうする。自分の足がないから他の要素に頼ったのだ。それに何か文句でもあるのだろうか。

>>続きを見る

 

『昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。』

 

カテゴリー:自己/精神

光の中にいる人は、暗闇がどういうものかを知らない。暗い場所から明るい場所はハッキリ見えるが、明るい場所から暗い場所は見えるだろうか。

>>続きを見る

 

『よい評判を得るために自己を犠牲にしなかった人が何人いるだろう?』

 

カテゴリー:自己/精神

そもそもその『良い評判』というのは、どこの誰がしている評判なのか、その人々は本当に模範的な人生を送っているのか、その人たちの意見を聞く価値はどれだけあるのか、ということがまずの前提で目を向けなければならないポイントである。

>>続きを見る

 

『恋愛感情の中には、いつも若干の狂気が潜んでいる。とは言っても、狂気の中にもまた、いつも若干の理性が潜んでいるものである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

今、とある人間のファンのコメントをよく見る機会があるのだが、客観的に見ていると、その人物のコメントには若干の狂気がある。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP